自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

27年度上期の主な活動報告 -2-

● 加美町自然栽培の実習 (平成27年5月24日)

    参加者総勢6名

    当NPOは、NPO法人木村秋則自然栽培に学ぶ会とお互いに会員となっており、
    加美町で実施された田植えと除草・野菜作り体験会に参加して来ました。(毎年参加)


参加者全員で
    作業前に参加者全員で記念撮影。(右から長谷川、山浦、永家、堀越、三森、小成)


田植え
    完全武装若手?3人組による田植え
    自然栽培によるお米の収穫は、一反歩あたり4~5俵程度とのこと。
    やはり除草が大変だそうで、農機具にもいろいろな工夫がなされていました。 


まこもだけ
    マコモダケの植え付け状況


トマト栽培
    プランターによるトマト栽培の実習



畝づくり
    畝づくりの実習


マルチ
    トマト栽培のマルチの使用実習


づんだ
    お昼のづんだ作り


ごちそう
      加美町の長沼太一さん宅で自然栽培された農作物で調理された沢山のごちそう
      (あんこ餅、クルミ餅、きな粉餅など)を頂きました。


● 草刈り・カボチャ苗植え (平成27年5月31日 岩切農園)

    総勢10名の参加


        


第二農園水路草刈り
    第二農園水路草刈り


    第三農園カボチャ苗植え (苗の乾燥防止のため木の枝を4本ほど立てて上げる。)
   


第三農園サツマ芋予定地
    カボチャを植えた(右側)残りの畑は、今年開墾をした約40坪があり、
    後日、さつま芋を植える予定。


サツマ芋苗床
    第二農園のさっつま芋苗床(発芽している状況)


● 試験栽培畝づくり・竹組 (平成27年6月7日 下飯田農園

    総勢4名の参加


参加者
    今日は4人で頑張りました。(左から菅野、堀越、鈴木玲子、長谷川)


試験栽培用地
    試験栽培畑前景。
    無施肥、ボカシ、牛糞堆肥の3種類の肥料による
    トマト(中玉)、さつま芋、大豆の3種類による発育・収穫状況の比較を試みる。


フルーツゴールドキャバリッチ
    使用する市販トマト(中玉)フルーツゴールドリッチ


さつま芋苗
    使用するサツマ芋苗(岩切農園苗床で栽培した紅東)
    大豆は、ここで栽培した大豆を使用。(宮城しろめ)


ボカシ
    使用するボカシ。(トマト、サツマ芋、大豆に見合った量を用意)


ボカシ散布ー①
    ボカシ散布状況(畝内部)


ボカシ表面散布
    ボカシ表面散布状況


牛糞・トマト
    管理の問題もありマルチを使用(ボカシ、牛糞)


無施肥・牛糞堆肥
    無施肥、牛糞


竹組
    トマトは出来るだけ茎を伸ばしての栽培とするため竹組を行う。    


    

27年度上半期の主な活動報告 -1ー

● 開園式 (平成27年4月5日 沖野市民センター)
   
     新規加入者も含め総勢29名の参加者

開園挨拶
     長谷川理事長のあいさつ
      ・ NPO設立から開園を行っていた沖野農園が、大型区画整理事業により
       残念ながら今年いっぱいで(12月)返却することになり、
       東屋の解体、花壇の撤去・排水設備の撤去などの作業協力依頼がなされた。

下飯田農園土壌分析
     昨年末にSOFIX(COI)の取り組みの一環で下飯田農園の土壌検査を行った結果報告を
     高木副理事が説明。

下飯田土壌分析図
      土壌分析を行ったデータ。
      もともと田んぼに山砂を入れただけで、当NPOが借りてから2年程度、
      大豆栽培を行っただけの土壌なので、野菜作りの必要なリン・窒素・カリュームなどの
      野菜作りに必要な養分が、かなり不足していることが数値で証明された。

EMを使った自然農法(自然栽培)
      鈴木副理事から EMを使った自然農法(自然栽培ともいう)についての講義が行われました。

● 秋保セミナー参加 (平成27年4月15日 秋保湯元市民センター)

    総勢5名参加

(株)仙台秋保醸造所主催による
「土壌肥沃度診断(SOFIX)技術による農業イノベーションの紹介と取組事例」
  講演:「最新科学で味も栄養価も収穫量もアップさせる物質循環型農業」
  のセミナーが開催されました。
  講師 : 立命館大学生命科学部教授 工学博士 久保 幹(もとき)

事前に当NPO法人下飯田農園と秋保ワイナリー、の土壌分析を依頼しており、
その結果についての説明もして頂きました。


CIMG5668.jpg
    講演に先立ち、当NPO法人の紹介をさせて頂きました。(長谷川理事長)


IMG_0710.jpg
    講演会場風景


IMG_0712.jpg
    当会員参加者(手前右より 小成、堀越、三森、後方左 黒田)


● 新規会員講習会 (平成27年4月19日  岩切市民センター)

      参加者総勢9名

      初めて家庭菜園に挑戦する方に
      畑のルールや無農薬・無化学肥料の対応などについての講習会を実施。

会場風景
      皆さん、熱心にメモを取っていました。


EMボカシ作り
      EMボカシ作りの指導を行う (長谷川理事長・佐和副理事が実践指導)


EMとぎ汁発酵液作り
     EMとぎ汁発酵液作りに挑戦(山浦さん)

畝の段取り
     岩切第二農園にて畝づくり (畑実践者の餅さんが耕運機の使い方を指導)

ボカシの投入
     EMボカシの投入(土の中でボカシを作る)

  
種ジャガ芋のカット
     種じゃが芋の切断(中村豊さんが挑戦)

     
じゃが芋植え付け
     ジャガ芋の植え付け(山浦さんが挑戦)


畝立て
     鍬を使用しての畝立(永家さん、三森さんが挑戦 ~難しい~)


木チップの散布
     畝の表面に微生物の餌となる木チップと米ぬかを散布後、表面の土と混ぜて、EMとぎ汁発酵液を散布して完成。

     天気にも恵まれ、初参加の皆さんは希望に満ちた表情をしていました。
     「がんばれ~」


● 下飯田農園大豆栽培段取り (平成27年5月23日)

     参加者総勢8名

    大豆栽培(手前味噌づくり用)のための畝づくりを実施
    当日は天気に恵まれましたが、気温も高く重労働でした!


草刈り
    佐和さんがフル得意?の草刈り機で頑張りました~・

  
雑草のかき集め
    耕運をする前に高木副理事が事前に刈りとっていた乾燥した雑草を片付けるのが、大変でした。



耕運・畝立て
    長谷川理事長も頑張りました。


畝づくり
    耕運をして畝立てをした状況。


作業終了後
    参加をして頂いた
    高木さん、佐和さん、中村(克)さん、小中さん、鹿野さん、ご苦労様でした!
    手前の残った部分は、後で高木副理事が頑張って畝立てま作業をして頂きました。
    
          
     

      

10月25日(日)サツマイモの芋ほりをしました。

ご参加いただいた皆様 お疲れさまでした。
お手伝いをいただいた皆様のおかげで、どっさりのサツマイモを堀り上げる(収穫)ことができました。
ありがとうございました。
s-PA250004.jpg

サツマイモ堀は、さしずめ、ねずみの食欲との競争だったようですね。

ねずみが
「先にいただきました!」、「ちょっとかじったけど これはう~ん?}、「今日の朝ごはんだったのに!」などなど

色々な食べかけを見ながら「これも!大きかったのに」残念がる声も聞こえましたが、寛大な気持ちで自然に接する会員の皆さまですので、「ま、少しは分けてあげなきゃ」の言葉も・・・。
s-PA250010.jpg

「自然(栽培)っていいな!、携わる人も自然の中に取り込まれて作業を楽しんでる」

s-PA250012.jpg
ただいま発掘調査に夢中です(ねずみの痕跡はないですか?)

s-PA250016.jpg
こんなに掘れちゃいました。満面の笑顔でしたが逆光で残念です。


ちなみにどの位収穫できたのかって?

う~ん
写真撮るのを忘れたし・・・・・。一輪車二台分です。

収穫したイモは
11月22日(日)に開催予定の収穫祭(沖野市民センター)で皆さんに食べていただくものと、コペルさんへの贈り物、そして会員さんへの贈り物をいただいたき、あとは山分けです。

ご参加いただいた皆様

山分けは足りましたか?味はどうですか?来年も植えますか?・・・・・
収穫祭の時にでも皆様の意見を聞かせてください。

本当にお疲れさまでした。
今度は、マルチ片づけを行いたいと思いますので、また、お手伝いをお願いしま~す。

                                   文責 高木

平成27年も排水路整備からスタートしました(岩切農園)

平成27年3月15日(日) 9:00~11:00 岩切農園に於いて

冬野菜の収穫以来畑への足も遠のいていましたが、いよいよ春の兆しを感じて農的生活を楽しむ虫たち(会員の方々)が集合し、畑の準備に先駆けて排水路(明渠)の再整備を共同作業で行いました。
CIMG5527.jpg

当日は、この季節には珍しく西風も弱く心地よく作業を進めることができました。
それでも、雑草に覆われた水路の泥あげは大変でちょっと汗ばんできます。
鈴木副理事長、三森さん お疲れ様です。

ハウス周りも排水を考えて新たに排水路を付けました。先般の大雨ではハウスの中が水浸しになったらしくこの対策も・・・・・
反面、水を確保するためにハウスへの樋設置など水管理は大変ですね!
CIMG5534.jpg

また、昨年設置した「サツマイモ芽出しハウス」も今年の栽培開始に向けて整備に余念がないのが、長谷川理事長と餅 理事です。
今年こそ会員の皆様へたくさんの優良苗をお分けしたいと張り切っていますので植えるスペースを確保してお待ちください。(本当に大丈夫ですよね・・・・・期待しています)
CIMG5523.jpg

これで、水管理は完璧でしょうか?
本当に皆さんお疲れ様でした。
今年こそ・・・と思っている方も農的生活を存分に楽しんでください。
CIMG5536.jpg

先日秋ジャガイモ少し収穫出来ました。

11月28日、雨上がりでしたが11月中頃に花も咲かずにいっぺんで枯れて
しまった!
秋ジャガイモを駄目もとで掘り起こしてみました。

インゲン収穫中の根元になんとか11個の種芋を挿入し、芽かきは色々とし
大小45個のジャガイモを収穫できました。

     堀越じゃが芋①

一個だけ洗ってみましたら・・白いジャガイモです。とても綺麗なアルビノ。。

     堀越じゃが芋②


     堀越じゃが芋③


種芋がほとんど原型のまま残ったので、来年は半切りで数日早く植え付けたいと思いました。

まずは、皮のまま茹でて塩で頂きまして
爽やかでクリアーな感じで美味しかったです。

                                            2014.12.2  ホリコシ

FC2Ad