自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

阿武隈急行瀬上駅の土手側除染を始める!

阿武隈急行駅土手側除染風景
阿武隈急行瀬上駅の土手側除染を始める!

4月からの心機一転、除染を開始する。取っ掛かりは、阿武隈急行瀬上駅の土手側除染から始めることにした。
伊達市で活躍されているEMエコクラブの遠藤さんのたっての願いである。

まずは、除染前(4/3)の測定値は、土手上側が1.33マイクロシーベルトと下側が0.98マイクロシーベルトです。
これから、月1のペースでどれだけ下がるのか楽しみです。

ところで、気になっていた除染に対する福島の空気が読めて来ました。

行政や御用学者達が町内ごとに流した「安全」という嘘に取り込まれ、その嘘に町中が嫌悪感を抱きながらも、みんなで渡れば怖くないという雰囲気が空気のように現れてきたようなのです。異様な雰囲気です。

笹谷地区のEさんから、福島市民は昔からこのような雰囲気があるのですとお聞きしました。

そんな中、私らはある1件の民家から動噴霧器を使って除染を始めました。
そしたら、わたしの家も、と..... 他に2件の主婦の方々も名乗り出て、家庭の噴霧が始まりました。

驚いたのは何でタダなのですかと問われた事です。
その方々達は、お金がなくて除染が出来なく途方に暮れていたというのです。
それは、民間の高圧除染業者の相場が80万から200万もかかるので、とても手が出せないのだそうです。

ご承知のように、やっていることは除染ではなく移染であり、何の解決策もない、何の意味も持たない作業です。まして、誰にも疑問を持たさないことに私は可哀想な気持ちになってしまいました。

これらは、人々の復興というよりも、ガレキの長距離受け入れビジネスや放射能除染ビジネスという新たな産業に置き換わって来たことではないかと思ってしまいます。

次回は4月後半に保育所・幼稚園2カ所と旧学校のグランド、阿武隈急行駅の反対側土手面、そして、今回の民家を含めて希望する民家をさらに行う予定にしています。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snsm.blog54.fc2.com/tb.php/94-c1b002c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad