自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島市笹谷地区の放射能除染作業

除染福島市橋本さん宅
橋本さん宅線量数値
除染福島・海老名さん宅
福島市笹谷地区の放射能除染作業

この22日に福島市笹谷地区の2件のお住まいの放射能除染を行ってきました。
やはり、福島市は市全体を含めて相当に高いと思われます。

線量の低い仙台市内でさえ、子どものいる若いお母様達は相当な神経質になっているくらいですから、福島市では早く手を打って行かないと、後で後悔をするという結果にならなければと私は感じました。

さて、1件目の除染は知り合いのお宅で、線量が東南…1.20東北…1.15北西1.04南西…1.00という値です。約1時間30分の念入りの動噴霧器による洗浄処理です。

数日後、本人から「EMの除染をして頂いてから、家全体が本当にすっきりして、私自身も何というか、何かが抜けた気がします。EMの除染は、ただの除染ではない事がはっきり体感できました。EMは地球の味方になる行動なんですね。」というお褒めの感想を頂戴いたしました。

次に2件目の住宅は海老名さんという方のお住まいで、ここは地震被害の影響もあり庭の土入れ換えも行ったもようで、線量は0.47マイクロシーベルトと隣とは半分の数値です。

この日海老名さん宅では、7名の方々に放射能除染のためのEM講習会を実施し、来年1月以降にはさらに希望者を集い、さらなる除染の実施と講習会開催を約束してきました。
これからも個別事に出来るだけ受け入れながら、大きな輪に持って行ければ幸いです。
どうぞこの機会に、福島市の方でEM除染をご希望の方はご連絡ください。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹

スポンサーサイト

コメント

EM除染についてお尋ねしたいことがあります。
散布頻度と、その効果についてです。
散布後の放射能の数値は、どうなりましたか・・・?

記事にありました、笹谷地区の近くに住んでおり、
EM除染を始めたとこで、効果に興味があります。


EM除染の経過報告

鈴木さま、ご質問にお答えします。

笹谷地区のEM放射能除染は昨年末で一端中止しております。
従いまして、きちっとしたデータは取得できませんでした。
理由は、福島市や郡山市民の異様な空気(圧力)を感じたからです。

ある例を申し上げますと。。。。
-最近、福島に流れる異様な雰囲気に恐怖を感じます。
これは最近益々強くなったと感じています。医者や病院、役所や学校あらゆるところで福島は安全だとのメッセージが流れ、同じ方向に進まないと生きていけない空気を感じます。
放射能を気にする発言をすると、放射能を気にし過ぎることで子供の健全な成長が阻害される、母子避難することで家族崩壊が招かれる、との情報で「もう子供の心の健康と家族を思い、放射能の事はもう考えません」と言い出す方達があちこちで出てくるようになりました。-

私も、次回の除染希望日を伝えたら、やはり、このような空気は読み取れましたので、寒さも厳しくなり一端中止としたところです。

それから、数値の事を述べますと、昨秋、仙台市のある学校の校庭除染作業(4トンタンクローリーで2カ月で2回)をしたところ、数値が検出不能になった事実が判明しています。しかしながら、その時点で学校側から除染中止を警告され、公には絶対にしないで下さいとの圧力が掛かった事実があります。

これらのことは、どういうことかを示した一冊の本が出ましたので、是非お読みになってください。船瀬俊介著放射能汚染だまされてはいけない!? ここに明確な答えが書かれております。

なお、4月からは伊達市にいるEMリーダーと除染計画を立て直して、大規模な活動を開始していく予定です。その場合には学校を含む一切の公共施設はお断りです。それは、何度も裏切られているからです。
今後は市民の切実な方々の訴えを中心に強力な除染を行うことにしています。
希望の星より

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2012/03/14(水) 01:51:02 |
  • |
  • #
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> 自然農食みやぎ
> 鈴木徹様
>
> 活動ブログにEM除染について書き込させていただいた、
> 福島県の鈴木徹です。偶然にも、同姓同名です。 
>
> 丁寧な回答ありがとうございました。
> 確かに、周りでEM除染はあまり広がりがありません。
> そういった事情があるとは・・・
>
> 私は、個人的に知り合いにEM除染を勧めております。
> ただ、除染の効果を表す具体的・科学的なデータが、
> ないものですから・・・なかなか理解してもらえない
> のが現状です。
> EM研究機構の冊子も数字的な部分は、
> あまり載せてないみたいですし・・・
>
> ご紹介いただきました本、読ませていただきます。
> 「船瀬俊介著放射能汚染だまされてはいけない!?」
>
> 今後とも、よろしくお願いします。
> -------------------------------
> 桃山房窯 鈴木徹
> -------------------------------

  • 2012/03/20(火) 17:48:56 |
  • URL |
  • SNSM #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snsm.blog54.fc2.com/tb.php/83-6dbc7794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。