自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射能汚染はEM菌で間違いなく解決する!

比嘉教授講演その1
比嘉教授講演その2
放射能汚染はEM菌で間違いなく解決する!

8月20日(日)、琉球大学名誉教授の比嘉照夫先生が、現地津波塩害対策の成果視察を兼ねて、急遽、仙台で講演を行いましたので、その要点を掲載いたします。

EM菌の主力菌である光合成細菌は、紫外線やX線やセシウム等の放射線をえさとして取り組む働きを、福島の被災地飯館村で確認したとのことです。
つまり、光合成細菌は放射線が大好きなのです。

20000ベクレルの放射能汚染の畑地(1反歩以上)に、週2回、EM活性液を約1カ月かけ続け、5000ベクレルまで濃度が下がり、あと半月もすれば、完全に消えるということなのです。完全にデータも取れていますから間違いありません。
さらに、完全に消えてから放射能が降ってきても、波動による光合成細菌の力が充分働きますから、しばらくは、放射能を取り込める力を持つことになるのだそうです。

ただ、この場合の絶対条件として、比嘉教授が言っている「酵母菌」「乳酸菌」がなければ、共生する性質がある「光合成細菌」は放射線のエネルギーを転換できないことも、この日お話しされました。これが、EM菌の神髄だと思います。

それから、内部被曝の問題もEM菌を身体に取り込めば、放射性物質の電子イオンが非電子化(はずれる)されることで、身体から放射性物質が排泄される現象が起きることになるのだそうです。これも確認しておりますから、間違いなく人間も健康を回復できるそうです。

どうですか、放射能という現代科学ではどうにもならない状況の中で、EM菌はこの難問に一石を投じました。
考えてみれば、この発言は世界中がひっくり返る程の大スクープなのに、講演会に出ていない人に伝えても反応の鈍いこと。それでも信じない人はもう救われません。(笑)

本来ならば、今回の放射能汚染はチェルノブイリ事故以来の経験なのに、国民はいましか実験ができない事と、いましか正確なデータが取れない事ことに気づいておりません。
今回はシュミレーションのデータではないのです。

これからの希望的観測としては、今日お話されたことをEM農家は全面的に実施する事、主婦の方々もEM生活を全面的に実施することが家族(子供達)を守ることに繋がります。どうか、実行されることを切に望みます。

最後に、EM菌(有用微生物群)の仕組み(働き)とは一体何なのかを説明しておきます。
(比嘉教授が伝えていたことを抜粋)

有用微生物群とは人間や自然、特に生物にとって蘇生的な作用をし、マイナスの作用がない微生物のグループです。具体的には、私たちの身のまわりの発酵食品などに使用されている乳酸菌、酵母、納豆菌や光合成細菌などです。EMに含まれる微生物の数は、数種類から数十種類とさまざまですが、どの中にも乳酸菌と酵母菌と光合成細菌の3つは必ず入っています。この3つのうち1つでも欠けたら駄目なのです。

役割としては、光合成細菌が糖分やアミノ酸をつくる生産者です。一方、乳酸菌や酵母菌は、糖分やアミノ酸を使い、炭酸ガスやアンモニアなどを排泄する消費者です。しかし、その排泄物を使って、光合成細菌が再び、アミノ酸や糖分をつくるのです。ですから、これらがずっと閉じ込められても、お互いにエサを与え合うわけです。

そして、もう一つ大事なことは、EMには好気性菌と嫌気性菌の両方がいます。すなわち相矛盾する微生物も一緒に入っているということで、こういうことは、従来の微生物学の常識からは考えられない事とされています。
従いまして、理論に反することから、最初は誰もEM菌を信用しなかったのです。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹
スポンサーサイト

コメント

9月4日 比嘉氏の講演を聞きました。
EM菌は植物を元気にすることは知っております。また信じてもおります。
しかし、放射能については理論が飛びすぎです。
氏も断言しています。検証はしない、勘で動いている、と。
「ホールボディカウンタで実際測定して証明する予定は?」の質問に話を長引かせて答えませんでした。
苦しんでいる福島県民が氏のビジネスターゲットになっている気がしています。

  • 2011/09/04(日) 14:45:35 |
  • URL |
  • グリーンカーテン #IAonOpII
  • [ 編集 ]

グリ-ンカーテンさまへ

グリーンカーテン さま
今から4年程前に石巻の小さな川でEMによる河川浄化をやったことがあります。その川はもの凄いへどろで、もの凄い悪臭が漂い、大量の硫化水素やメタンガス・そして硫化アンモニウムを肉眼で見ることが出来ました。その川をEMだんごを投げて浄化していく様子を観察した写真を400枚程に記録しております。その写真には真っ赤な光合成細菌が繁殖し、大量のイトミミズがEMだんごのまわりを群がり、有機物として食べている写真、最後に見たこともない小魚が河口から上がってきてイトミミズや有機物をえさに食べている写真があります。この観察写真を見たら福島民報記事に書かれたEM菌は川を汚す犯人だなどとは絶対に書けないはずです。本当に大学の権威に群がっている御用学者は机上の理論だけで、検証などをすることもしない馬鹿者学者と言わざるを得ないのです。
また先日は、国立大学の名誉教授が、カドミニュウムが土壌に含まれている限りは、お米はドミニユウム汚染米として存在してしまう。だから数値が高い放射能地区であれば、それを取り除かない限りは放射能汚染米として存在してしまう言われた。しかしながら、私はカドミニュウム汚染米で有名な細倉鉱山で有名な栗駒地区の汚染地区のEM米から、カドミニウム数値がほぼなくなった検査数値のお米を確認しています。これは、比嘉先生に言わせると非イオンにより金属が離れた現象だと言っています。
光合成細菌は他の微生物との共生の時しかそのメカニズムを見ることが出来ないと言われております。だから、単体で研究している学者はこの微生物のもの凄い働きを知らないのです。ダイオキシンも紫外線も分解することすでに確認しています。チェルノブイルのEMによる放射能浄化については、比嘉教授が飯館村で除染実験して見て、チェルノブイルの当時の検査官は、適当にEMをまいていたことがはっきりした言っておりました。ビジネスターゲットと書かれておりましたが、あなたも販売して見てください。こんな儲からない商売はありませんよ。
だから、本物なのです。
希望の星より

拡散の仕方が少し怖いです

はじめまして。
宮城在住の母に、EM1に尋ねられ、ネットで調べているうちにここにたどり着きました。
野菜に振りかけると、たちまち放射能が除去され安全に食する事ができるとかなり熱心に売りつけられ?たそうです。

EM菌が河川浄化をするのは納得がいきますが、料理の前にスプレーで野菜にかけただけで、放射性物質が完全に取り除かれるというのは本当なのでしょうか。

土壌や自然界で微生物に反応したという実験結果、人体にも効くとは話が超越していて怖いです。
また、チェルノブイリで採用されなかった理由のひとつを、EM推進に携わった翻訳家の方が発表されていますのが、適度な温度がないと微生物への反応が薄いという事もありました。寒冷地である東北で、これがいつでも効くのでしょうか。

信じたいけど心にブレーキがかかるひとつとして、EMを推進する方は相手を納得させようと熱が入るためか、これを使わないなんてバカだと言わんばかりの圧迫感があります。
ただでさえ、放射能の恐怖があるなかで、これはこれで精神的苦痛でもあります。

「それでも信じない人はもう救われません。(笑)」
とお書きになられておりますが、とてもキツいです。この被災地でもう救われないと言う言葉の意味はたくさんの意味を持ってしまうと思います。

内部被曝の問題についても、こどもに本当に飲ませていいのでしょうか…ヨウ素よりも効くのですか。これも確認しておりますとありますが、そのデータを探しましたが、どこにもありませんでした。どうか、そのデータのリンクを貼っていただけないでしょうか。

  • 2011/12/17(土) 01:13:37 |
  • URL |
  • ac #moZzu5mM
  • [ 編集 ]

acさまへ

ac 様
ご質問にお答えいたします。
-野菜に振りかけると、たちまち、放射能が除去されたとかというのは本当なのでしょ うか。-
 EMを扱っている私達でもこんなことは絶対に言いません。これは、間違いなくウソになります。福島県浪江町や大熊町の汚染濃度が極端に高い土壌の作物に、EM発酵液やEM活性液を原液で毎日かけ続けられる条件ならば、相当の線量は下がる可能性はあります。(ただし、防御服や完全防備の上においてです。)
 宮城においては、活性液や発酵液をじゃぶじゃやぶ掛けているところでは、線量が検知されていないところも確認しております。本当です。

-チェルノブイリで採用されなかった理由のひとつを、EM推進に携わった翻訳家の方が発表されていますのが、適度な温度がないと微生物への反応が薄いという事もありました。寒冷地である東北で、これがいつでも効くのでしょうか。-
-内部被曝の問題についても、こどもに本当に飲ませていいのでしょうか…ヨウ素よりも 効くのですか。これも確認しておりますとありますが、そのデータを探しましたが、どこにもありませんでした。どうか、そのデータのリンクを貼っていただけないでしょうか-

  被災国となったベラルーシ市で、きちっとデータを取ってありますので下記掲載の分を閲覧してみてください。

蘇れ!食と県境と地球環境
第40回 EM技術による放射能被曝対策
http://dndi.jp/19-higa/higa_40.php

 また、EM飲料については脳神経外科の田中 桂医師のブログをご覧下さい。この医師は「医者が失業する時代にならなければおかしい」と言っているほんものの医師です。http://ameblo.jp/emkanayoshi/

 寒冷地の場合には、光合成細菌の活動が不活発になると予想はされますが、今検証中です。

-「それでも信じない人はもう救われません。(笑)」
とお書きになられておりますが、とてもキツいです。この被災地でもう救われないと言う言葉の意味はたくさんの意味を持ってしまうと思います。-
 そういう意味で書いたのではございません。安全で安価で誰にでも簡単に増やせて、誰にでも使える資材を使った方が徳ですよという意味です。
 何度も言うように、ほんものの定義は、安価で誰にでも使えるというのが基本なのです。だからこんな物が世に出てしまったら、既得権益の企業が壊されてしまうから、もの凄い抵抗にあって世に出て来れないのです。まして、放射能を分解する物質など現代科学ではあり得ないと言われている中で、何もしないよりは、個人でできるものならチャレンジして見ては如何でしょうかと思うのです。
きっと凄いことを見つけると思いますよ。
いつか、不死身(1600度以上でも放射線に当てても死なない)のスパイラル回転の微生物である光合成細菌とソマチットについて述べたいと思います。 希望の星より

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snsm.blog54.fc2.com/tb.php/72-bb611c76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。