自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

梅干しの黒焼き

梅干しの黒焼き
梅干の黒焼き

福島第一原発事故の放射能内部被曝に対して有効な手段が未だありません。
ただこの間、広島・長崎の原爆投下の元で玄米や味噌・醤油・塩・梅干しをこまめに取った人が原爆症を発症しないで生きながらえたお話は充分に伝わったかと存じます。

さて、内部被曝の仕組みとは放射性の「強陰性」の物質を身体に取り込んだ事になります。
この「強陰性」を中和させるためには、 「強陽性」の食品を取れば原爆症を発症することはないと言われ、その「強陽性」食品のひとつが「梅干しの黒焼き」だと言われております。

関連して、ハブやマムシやヤマカガシの毒蛇(毒は強陰性)にかまれたら応急処置として、「梅干しの黒焼き」を口に含むと、やはり中和されるそうです。

これらの陰陽理論は、マクロビオテック(正食)を世界に広めた桜沢如一氏が世界に広めた東洋理論のことを言います。

また、EM菌についても放射能を緩和させることが確認されておりますが、EM菌も「酸」ですからやはり陽性なのです。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snsm.blog54.fc2.com/tb.php/65-4da87e92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad