自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖野農園のきのこ群

沖野農園きのこ菌床
沖野農園のきのこ群

昨日雨上がり時沖野に行った。自分の畑に行ったところいたるところに小さいキノコが生えていた。
ひょっとするとこれが例の!と思い、ちょうど来ていた鈴木さんに見てもらった。
「これこれ。これが出て来たら本物だよ。もう大丈夫だね。」と太鼓判。

昨年猛暑の8月から始めた自然農食みやぎ版炭循農法の進め方に少し自信が出て来た。
8月にスタートし最初は50㎝ぐらいしか刺さらなかったほそい棒が
10月には150cm、11月には2m近くまで刺さるようになった。

昨年無肥料で種から育てた玉ねぎも豊作。
大きさも量も今までにないほどの出来で満足できるものでした。
もっとも同じ時期にやはり種から育て冬を越えたそらまめは量、大きさは十分だったが
真ツ黒になったのでびっくりしてまだ空を見ている状態で収穫してしまった。

中の実には問題なさそうだったが味はいまいちで収穫が少しはやすぎたキライもあり、黒くなってビックリしたこと、アブラタムシ対策なども含めて反省材料多々。
でも初めての栽培でこれだけの収穫なのだからある程度満足。

あとはこれからどうすれば良いのか、という課題。
今日天気晴朗なので被災者証明書をもらいに行ったあとでちょっとのぞいたところ
キノコの状況が雨上がり時とはかなり違った姿で、あ!天気が良いとこうなるんだ、
とまたひとつ覚えた。

  畑仕事初体験の黒色沖野の子
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snsm.blog54.fc2.com/tb.php/58-b086093a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。