自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオ式トイレの普及

バイオ式トイレその1
バイオ式トイレその2

バイオ式トイレの普及

多くの登山者が賑わす月山などには、登山道のポイントごとにある山小屋で、
用を足すごとに100円の使用料を納めてくださいと書かれた看板を見かけます。
ご存じのとおり、今ではバイオ技術(微生物処理)で汚物を処理をする方法が取られ、
悪臭も気にならない快適なトイレに変わってきました。
100円は一人一人が山を汚さないための分解・発酵の処理費用です。

さて、ここからが本題です。
上の写真は仙台市岩切地区の有機栽培畑に、「仙台生ごみリサイクルネットワーク」
が設置したバイオ式トイレである。

この頃は、仙台市内でも随分市民農園が普及してきた。
長時間の栽培作業でトイレが一つの悩みのタネではあったが、こういうトイレが普及
することが非常に望ましいと思う。
何故ならば、汚物も微生物処理すると気にならなくなり、有用な有機物の循環処理
として、栽培方法の一つに組み込む事になるからである。
 
自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snsm.blog54.fc2.com/tb.php/32-25c65567
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。