自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

ジャガイモの手入れと不織布の効果を確認できました。

ようやく仙台も「やませ」が通り過ぎ暖かくなりました!
一昨日(5月10日)までは「やませ」でやっと10度を超えるぐらいの気温で野菜が・・・と心配していました。

こんな寒い中で、「札幌でライラックが開花し始めました」とのニュースを見て、そういえば北海道ではこの時期に冷えることを「リラ冷え」(’リラ’はフランス語でライラック)と言っていることを思い出しました。
7年間単身赴任していた札幌を離れてちょうど10年なんですね。

さて、5月11日は23度と暖かい日になり、畑の様子を見に行きました。まずは、ジャガイモの芽欠き(2芽立て)作業と土寄せをしました。今年のジャガイモ栽培は比較的順調なようです。

s-IMGP5179.jpg

抜いた芽ですが下手な写真でわかりませんね。畝は、米ぬかを蒔いて軽く土寄せをしました。

s-IMGP5177.jpg

次に不織布ですが、4月10日に春大根の種蒔きを行いました。一つの畝には寒さ除けのつもりで不織布をべた掛けで掛けておきました。もう一方の畝はそのままです。

先週見たときにはほとんど同じ成長状況でしたが、違いが一つ 本葉が虫に食われているかいないかの違いでした。不織布をかけていない方は「ハムシ(キスジノミハムシ)」だと思われる小さい穴がたくさん開いていました。

アブラナ科の作物の種をまいたときの不織布のべた掛けは絶大な効果なんですね。

また、今日は成長度合いの違いにびっくりです。
違いは二つです。一つは成長が早いか否か、もう一つは軟弱か否かです。不織布を掛けた方は成長が早い(低温から守られている?)、でもちょと軟弱!光の透過率が90%以上と書いてありますが、それでも差が出るんですね。

s-IMGP5197.jpg

結局は初期生育のためには不織布は害虫からと低温から守ってくれてぜひ使いたい資材ですね。でも、軟弱さが気になっています。いつごろ(本葉が何枚ぐらいに成長したら)外した方が良いか???

小松菜の種蒔きも成長具合に差が出ましたよ。

s-IMGP5183.jpg

こちらは、不織布を掛けておいた方の二つ葉です。

話が変わって、昨年10月に種を蒔いた「スナップエンドウ」と「ツタンカーメン」も暖かくなりぐんぐん成長して、花を咲かせ実がなり始めました。

s-IMGP5188.jpg

上が「スナップエンドウ」の花、下が「ツタンカーメン」の花となり始めた実です。

s-IMGP5190.jpg

s-IMGP5191.jpg

昨年、両方とも種取した方からいただいた種から育てました。ウイルスにも感染していないようなので、今年は私が種取して皆様にお分けしたいと思います。

そんなこんなの暑い一日でした。皆さんも美味しくて健康に良い作物を育てましょう!


文責 高木
                              




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する