FC2ブログ

自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ゴールデンウイークなのにジャガイモの植付?

ゴールデンウイークの真ん中 4月30日 にようやくジャガイモの植付を行いました。え~!4月頭に植え付けるんじゃないの~~!との声が聞こえそうですが大丈夫なんですよ----。s-P_20180430_131107_1_p.jpg

Nさん 種芋は今年の収穫祭での〇〇料理用に有効に使わせていただきます。(品種=きたあかり)

暖かくなっているのですぐに発芽して・・・でも収穫は4月頭での植付から見ると3週間ぐらい遅れます。ジャガイモは大体の栽培期間は100日と言われていますので、7月初旬以降の収穫になるんです。
問題は、夏野菜の苗の植付はもちろんできません。でも収穫後すぐに秋野菜の畑の準備をすれば白菜や大根などの種蒔きに十分間に合います。

でもこの菜園ではジャガイモ→根深ねぎ→ジャガイモの輪作をめざしていますので後作に春蒔きネギの植付にピッタリなんですね。P_20180326_130513_p.jpg
3月26日にセルポットにネギの春蒔きをしました。品種はご覧の通り、宮城県の地ねぎの「鳴瀬一本ねぎ」もためしに種蒔きしてみました。
P_20180508_135259_1_p(1).jpg
そのねぎの、今日現在の姿です。ほどほど育ってきていますので5月末ごろには少し葉を刈って・・・・。

s-IMGP5167.jpg

防虫ネットを掛けていますが、昨年はテントウムシダマシが大量発生したので今年は初めから防衛です。自然農園では多少の害虫でも天敵の益虫や鳥などでバランスがとれますが、大量発生にはなすすべがありませんでした。そこで、栽培初めから防虫ネットで保護をして卵を産ませない様にしています。これで、被害を防ぎ、農園全体でのテントウムシダマシの個体を減らせれば良いのですが。

s-IMGP5163.jpg

                                                   文責 高木


そして、自然栽培の畝の補修も行い、刈り取った草は畝の中央にまとめて米ぬかをふりかけて微生物に分解してもらいます。(肥料になります)そして補修した畝の一部には、早生の枝豆の種を蒔きました。キジの被害が心配ですが・・・・・。少し草を掛けておけばよかったかな~。

s-IMGP5164.jpg




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。