自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

ジャガイモ試験栽培の結果が!!

ジャガイモ試験栽培の続報です。
7月6日 晴天 最高気温29.?度

なんと、20gの種いもが300gになって戻ってきてくれました。
s-s-IMGP4730.jpg

もう少し土の中に置いて、日持ちするジャガイモにしたかったのですが、ねずみの恐怖と貴重な梅雨の晴間に誘われてまだ枯れきっていない株もありましたが、掘っちゃいました。
でも心配したとおり何個かは ねずみのごちそうに!上手に食べますね。
s-s-IMGP4744.jpg

始めに葉が枯れ始めたのが「普通栽培」でした。
 「普通栽培」は 覆土は約5cm+株間に1握りの米ぬか+土寄せ で栽培しました。本当に家庭菜園の本などに書かれている一般的な栽培方法ですが、化学肥料は使わない前提の 自然農食みやぎ の畑ですから、肥料は米ぬかを植付の時株間に1握りだけ与えました。追肥もありません。
その結果は20g→60g~70g(ちょっと小ぶりないも)が2~3個と40g程度の小さないもが3~4個上出来かな?
s-s-IMGP4728.jpg

そして
 「浅植えマルチ栽培」、これは覆土約2cm+株間に1握りの米ぬか+黒マルチ掛け で土寄せをしない省力(ほったらかし?)栽培です。芽が出始めたら黒マルチから出してあげますが、それ以外の雑草管理も土寄せもいらない楽々栽培方法です。
 こちらの収穫は「手」だけで収穫できるよう浅植えにしました。
 ジャガイモは種いもの上にイモが出来るので黒マルチの下で掘らなくても良い状態で「ゴロゴロ」をもくろんでいました。
 結果は
s-s-IMGP4737.jpg

 枯れたジャガイモの茎を引き上げると

s-s-IMGP4738.jpg
 ぞろぞろとまでは行きませんが、小粒のジャガイモが何個か付いてきました。そして、黒マルチの下には・・・・・・・。

s-s-IMGP4739.jpg

なかなか良いんじゃない!
でも、ひとつ難点がありました。全体的に小粒なんです。
「一握りの米ぬか」はあまり分解されずに固まっていたんです。これは肥料としてもあまり役立っていない証拠でしょうか?
砂地に近い土壌なのでマルチの下の表面はからからに乾いていて浅植えのため水分不足で微生物が増えなかったんですね。
この栽培方法では土質に左右されるようですね。
でも、20gが250gぐらいにはなっているし、手で土の表面を探るだけで収穫ができるので、小粒でよい小家族向けの栽培方法かもしれませんね。

 もう1畝(「超浅植え+逆さ植え+黒マルチ」栽培)がまだ残っています。
この畝は、「イモを置くだけ」の植え付け、「イモを拾う」だけの収穫、と超超省力栽培とのあま~い 考えで試験をしてみました。
この結果は逆さ植えで「浅植え+黒マルチ」栽培と同じ結果を実現すると思っていますが。
 近々またレポートします。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snsm.blog54.fc2.com/tb.php/235-a9d3d42c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad