自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

発酵道に生きる!

発酵道に生きる
発酵道に生きる

丸森松坂峠のEM除染で知り合うことができた、寺田本家の 故)当主、寺田啓佐氏の「発酵道」という本をEM千葉世話役の岩井和廣氏から頂き、早速読んでみました。

最近のコメント同様、私には驚くことばかりです。

自分でいうのも何ですが、私が一番大切に感じている事と同じ事を、そのまま実践している方だったと思えます。

私には、何だかこの本を読みなさいと神さまから言われた気がしてしまいました。これまた不思議な気がしております。

この本を読んで、寺田さんは現界での役目を終えられて、幽界における役目を神から与えられたのだと、私は確信を持ってしまいました。

寺田さんの著書の書かれている内容を少し披露します。

「自分のところへ入れよう、入れようとするんじゃなくて、吐き出しなさい。力も汗も、親切もお金も、自分の持っているのはすべて吐き出しなさい。吐き出したらひとりでに入ってくる。

何よりこれからの時代は、微生物との響き合いが生きていく上での鍵になるということを、一人でも多くの人に伝えていきたいと思っている。

自分のもの、自分のお金、自分の会社、自分の成功.....「自分の、自分の」という我意識は、腐敗をまねいてしまう。発酵している意識というのは、本来の自分、本当の自分の意識をいうのだろう。一人一人の心の奥にある、純粋な意識のことを。「自分の利益や欲を捨てたときに、人間は救われる」

そこは大きな共生の世界、仲よしの世界、感謝と報恩の世界だ。本来自然界は、動物の世界も植物の世界も、そしてこの人間界だって、同じような仲よしの世界だったのではなかったのか。調和と愛の世界だったのではなかっただろうか。

こんな生き方を理念としている経営者は、寺田さんが初めてではないだろうか、私は前の職場に19年間在籍して、いろんな業界の数多くの経営者をみてきましたが、こんな考え方の経営者は初めてです。

話は変わりますが、寺田さんがつくる発酵玄米酒や発酵酒粕等は、糖尿病や高血圧に相当効くと全国の愛飲者が感想を述べられています。

そして、寺田さん自身も玄米菜食等のマクロビオテックや自然食品に切り替えていたのにもかかわらず、糖尿病の悪化から死に至ってしまったのは、何が原因だったのだろうかと、私は少し探求して見たい気持ちにさせられてしまいました。

何でもストレスが原因などと片付ける今の考え方は、大変危険です。

恐らく、森下自然療法にヒントがあるのだと思います。
飢餓の方向に身体を向けながら、向き合って行く何かです。。。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹
スポンサーサイト

コメント

私も読みました。

私の場合は偶然トラックのラジオをかけると寺田さんの声が流れてきました。凄い衝撃でした。最後まで聞くと名前が解り、すぐに発酵道をとりよせました。私ももってるモノは吐き出して皆さんに役立っていただきたいと思います。これからは、もっと吐き出すつもりです。

ミドリさんからのコメントとは光栄です!

ミドリさんのブログは毎日欠かさず読んでいます。
その、ミドリさんからコメントを頂くとは有り難き幸せです。
今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。
話は違いますが、炭素循環農法をされる方も他の自然農法をされている方も、光合成細菌が有用微生物と共生すると自然界では絶対に有り得ない現象(蘇生)が起こることを認められない、信じられないと必ず批判します。
私に言わせれば、自然界では有り得ない微生物(蘇生)の組み合わせは人間が管理することにより、地球が救われるヒントを神様が人間に伝えているんだと解釈しています。
信じられないと思う人は、古い科学の知識の積み重ねで何もかも(経済も科学も)判断しているから、何も決められないのだと比嘉教授はこの間仙台に来た時に言っておられました。
まさにその通りなのです。ちなみに、愛知の早川のアユの奇跡などは
どんな科学を持っても説明できない現象ですから、どうぞ、ユーチューブでご覧ください。

追い詰められてない幸せな人たち

EMは予想したように動くのです。つまり、技術であります。
こういう環境でこうすれば、こうなる。あーすればこうなる。それは、はっきりしてます。起こる事に対して、どうすればいいのか考えると、最終的に自分が変わるしかない。人は常に自分の殻を守ろうとします。他人によってその殻が破られることが苦痛な為に。自分で勝手に作った世界に周りを合わせようとします。ほとんどの人間は、自己中心的で生きながら死ぬことを良しとしているのです。偉大な哲学者ソクラテスの嫁さんは悪妻で有名でした。彼は悪妻との調和の道を選んだから偉大な哲学者になれたと思います。EMは核分裂に対局する形で存在していると思います。信じられないと思うのは勝手ですが、浅知恵で批判したり揶揄するのは神に対する冒涜と同じでしょうね。真理が解ると自分の愚かさを悔やむでしょう。私の作った発酵概念図を見ると解るはずです。

  • 2012/06/10(日) 01:47:04 |
  • URL |
  • ミドリ #-
  • [ 編集 ]

発酵概念図

ミドリさんの発酵概念図は理解しているつもりです。光合成細菌やソマチッドは鞭毛を使ってスパイラル回転しながら、エネルギーを取り込んだり放出していることはずっと前から理解しておりました。
比嘉教授が重力を取り込むと言っていることは、恐らく、宇宙からエネルギーのやりとりしていることも創造がつきます。
そう考えると、この鞭毛を持つ不思議な微生物は、生命体の発生にかかわる重要な物質なのだろうと前から感じていました。
それも、酵母菌と乳酸菌と共生してこそ繋がるEMでなくてはならないのだろうと感じます。

話は違いますが、比嘉教授が外国で、たまたま顕微鏡でソマチッドを観察したら、まるで、光合成細菌と同じ動きをすると書いた著書がありました。人間や動物などの血液に含まれているソマチッドは、種の遺伝情報を持っていることはわかっており、いまだ遺伝子の研究に走っている現代科学は的外れなことをやっているなと、生意気にも素人の私は理解しております。
希望の星

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://snsm.blog54.fc2.com/tb.php/101-4289a94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad