自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

「植物免疫システムの活用化について」講演会を実施しました。

s-s-RIMG1867.jpg

2月12日(日) 仙台市市民活動サポートセンターに於いて、
東北大学大学院 能楽研究科 植物病理学分野 の
安藤 杉尋 准教授 による「テーマ:植物免疫システムの活用化について」
「サブテーマ:植物の病気ってなんだろう 植物病原微生物と人間の不思議な関係」講演会を開催し22名の方々にご来場いただき実施いたしました。

s-s-RIMG1869.jpg

s-s-RIMG1870.jpg

HOW TO のお話が多い家庭菜園に関する話の中で、なかなか聞けない病原体の正体や植物への侵入戦略などについて興味深い話を易しい言葉でお話をいただきました。

s-s-RIMG1874.jpg

また、植物自身も侵入を試みる病原体に抵抗性を進化させながら防御していて、その植物本来の病害抵抗性を誘導させて病害を防ぐなど、大量の農薬使用による環境負荷を減らすための研究を進めているとの話に期待の声が上がりました。

s-s-RIMG1878.jpg

最後に、有機栽培では病害抵抗性が高くなっており、土壌中に生息する微生物の多様性がその要素一つであると考えているが未解明な部分も多く今後科学的に解明していく事で農薬に依存しない農業を目指して研究を進めているとのお話がありました。

s-s-RIMG1877.jpg

無農薬を前提とした栽培を実践しているNPOの会員は「やはり土壌中の微生物を大切に育てる事から始まるんだ」と自分が取り組んでいることを追認していただけた様で納得の顔でうなづいていました。

その後の質疑応答でも将来を期待する質問も多く出され今後も楽しみな講延会となりました、


安藤 先生 大変お忙しい中大変ありがとうございました。

                         文責 高木

スポンサーサイト

FC2Ad