自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月21日(日) 「手前味噌づくり」で味噌を仕込みました。

平成27年度最後のイベント!

「手前味噌づくり」の味噌仕込を和気藹々と皆さんで行いました。
皆様お疲れ様でした。

今年は皆さんの「もっといっぱい仕込みたい!!!」のご要望に答えられずに「ごめんなさい」


s-s-RIMG0224_20160224160624485.jpg

皆さん一生懸命に塩と麹を混ぜ「麹の塩きり」を作っています。
麹さんに声掛けしました? 美味しくしてね!
s-s-RIMG0217_201602241611535cb.jpg

豆をつぶすのもうどんを打つのも同じですか?
上手につぶれた???

s-s-RIMG0221_20160224161422a47.jpg

どうですか?このくらいのつぶし方で・・・・。粒が残ったほうがよい人も、すっかり粒が残らないようにつぶした人も・・・。体重の差ですか?

10:00には仕込みを終えて、美味しい「地元産すりおろしりんごいっぱいのポークカレー」づくりに。
堀越さんプロデュースありがとうございます。
s-s-RIMG0234_20160224161425674.jpg

11:00にはカレー、理事長特製アラ汁も出来上がり、本日のごはん(地元、丹野さんちの有機認証ミルキークイーン)のたきあがるのをまつばかりになり、ことしの抱負を発表しあう時間をたっぷりとることができました。
さすが、皆さん手際いいですね!

美味しい昼食を公開します!
s-s-RIMG0236_2016022416142718c.jpg
s-s-RIMG0237_201602241608442a0.jpg
s-s-RIMG0248_20160224160813d9d.jpg
s-s-RIMG0238_201602241619113ab.jpg

ことしの話題は「ねずみ」さんとどのように付き合おうか???でした。
s-s-RIMG0251_20160224160814393.jpg

あっという間の昼食タイムも終わり、仕込んだ味噌を持ち抱えて帰途に着きました。
ヒマラヤの岩塩で仕込んだ人や日本海の純塩で仕込んだ人などそれぞれ工夫がいっぱいの味噌づくりでした。

来年の「手前味噌づくり」で味見希望で~す。
                   文責 高木
スポンサーサイト

第二回新規入会会員向け講習会を実施しました。

● 岩切市民センター創作室 (平成28年1月31日)
昨年春に会員となった菊池さん及び途中から会員となった長牛さん、佐々木さんや
再度勉強したい方などによる講習会の実施。

②
高木副理事より、自然農法、伝承農法、有機農法などの説明が行われ、
長谷川理事長からは、現状畑の土壌分析などの説明があった。

③
EMボカシ作りの実践
その他EMとぎ汁発酵液の実践も行われた。

⑤
集合写真撮影(前列左から 永家、長牛、佐々木、三森、黒田、 
       後列左から菊池夫妻、中村豊、小池、佐和、高木、          
       山浦さんは途中退場、撮影:長谷川)
みなさんは張り切って春からの菜園生活を楽しみにしています。
先輩会員の皆様、よろしくご指導をおねがいします。

27年度の収穫祭を実施しました(11月22日(日))

● 収穫祭 《平成27年11月22日(日) 沖野市民センター》
    参加者:会  員 大人16名、子供3名 
         コペル 大人7名
    メニュー:さつま芋天ぷら、かぼちゃ肉巻き天ぷら、
          白菜のとろとろスープ肉団子入り汁、
          大根とイカの煮物、炊き込みご飯、
          キノコと里芋の味噌汁
    差し入れ:高山さんの美味しい漬物

①
今回メニューを考案して頂いた堀越秀子さん

②
使用した野菜はすべてNPOで調達したものです。

③
『つどいの家 コペル』の皆さん

④
テーブルでは座りきれず、調理台での食事
皆さんの笑顔が素敵です!

⑤
中村豊さん、長牛さん家族は初めての参加です。

⑥
高山さん(中央)のお新香は、いつも美味しいで~す!

⑦
今年も共同農園で栽培をした、大根、白菜、キャベツ、カボチャ、長ネギを
市価の半分以下で会員に提供しました。
販売は、いつもの餅芳昌が担当です。

⑧
売れ残った野菜は、『つどいの家 コペル』さんに提供する予定でしたが、
高山明子さんの頑張り(商売上手)で全て完売してしまい、
野菜は後日、『つどいの家 コペル』さんにお届け致しました。
手前は理事長の長谷川です。

⑨
全員(コペルさんを除く)で記念撮影。(皆さん笑顔です。)

43回理事会・忘年会の開催

平成27年12月22日
43回理事会(仙台市市民活動センター)
忘年会(一番町蔵の庄)

理事会
後期イベントの確認および沖野農園閉鎖に伴う課題等について討議ありました。
今回は理事以外の方も参加され、意見を頂きました。
定刻前なので未だ全員が揃っていない状況です。

①
蔵の庄での忘年会
仙台名物の芹鍋で盛り上がりました。

②
畑の話題で・・・

③
最後は、佐和副理事の手締めで終了。(10時)

『つどいの家 コペル』 さんからお礼のお手紙

『つどいの家 コペル』 さんからお礼のお手紙
                    平成27年7月22日


RIMG0145.jpg


当『NPO法人自然農食みやぎ』は、平成19年に設立され
無農薬・無化学肥料による家庭菜園の普及活動を行っております。
又、社会貢献の一環として栽培した野菜を23.2.11の東北大震災で
被災された皆さんに提供したり、
沖野農園の近くにある、福祉施設 『つどいの家 コペル』に
僅かですが、毎年野菜提供を行っており、収穫祭にもお声がけをして
参加して頂いております。

今回、管理者の石堂 敦 様から感謝とお礼のお手紙を頂きました。
今後も社会貢献に微力ながら努めて行きたいと思います。
                              理事長 長谷川 勉

27年度上半期主な活動報告 -5-

◎ 沖野農園返却に伴う作業

平成19年創立から使用させて頂いていた沖野農園ですが、広域土地区画事業のため、
今年度一杯(11月末)で返却することとなり、施設の撤去を行いました。
今回の作業は4回すべて雨天となり、合羽を着用しての作業で大変難儀しました。

   ● 8月23日(日) 花壇テストピース撤去・東屋基礎堀

    参加者9名

    016.jpg
(手前左から 三森小夏ちゃん、三森、2列左から 佐和、皆川、黒田、
    長谷川、3列左から 高橋、中村、戸田 撮影:高木)
    皆さん、ビヨビショになり頑張りました。ご苦労様~

    007_201602101553377ae.jpg
    東屋・花壇全景


   ● 8月29日(土) テストピース・東屋 → 秋保ワイナリー
    
    
    参加者7名

    CIMG6540.jpg
    撤去したテストピース、東屋木材を2T車に積み込み。
    (東屋は前週に大工さんに小バラシにして頂いておりました。)


    CIMG6545.jpg
    東屋・花壇撤去後の状況。


    CIMG6549_201602101645179aa.jpg
    秋保ワイナリーに運搬したテストピース・東屋は、
    新たな場所で再利用されることになりました。


    CIMG6550_20160210164517509.jpg
    移設した東屋の材料。

    
   ● 10月11日(日) ハーブ移植 沖野農園 → 秋保ワイナリー

    
    参加者7名

    CIMG6795.jpg
    秋保ワイナリー建物のすぐ前の畑に移植をし、
    近い将来レストランを増設する計画があり、料理に使用して頂ければ
    と思っております。
    《前列左から 毛利代表、堀越、菊池、後列左から 長谷川、佐和、
高木、中村(克)、中村(豊)》


    CIMG6783.jpg
    移植状況。堀越さんが散水で頑張っています。


    CIMG6780.jpg
    移植状況。
    奥は今年植えた葡萄。
    

    CIMG6801.jpg
    移植作業後、完成間近な内部を毛利代表より説明をして頂く。


   ● 12月5日(土) 沖野農園最後の残材片付け


     スクラップ、ガラ等細かな残材を移動及び処分をしました。
    岩切農園に参加を予定している長牛さんもお子さんを
    連れて参加して頂きました。
    《佐和、中村(豊)、長牛、黒田、(長谷川撮影)》

    IMG_0888.jpg




◎ 管理型最終処分場見学会
   (ジャパンクリーン 平成27年9月5日)

    参加6名  長谷川、佐和、山浦、小中、他2名

    視察目的 : 一般廃棄物と産業廃棄物との違いを理解し、管理型処分場が
どのような管理を行っているかを理解し、生活ごみの処理や
環境を大事にすることの理解を高める。
             
   CIMG6630.jpg
    (株)ジャパンクリーン 管理型産業廃棄物仙台最終処分場
       仙台市青葉区芋沢字青野木109-1
       埋立面積45,960㎡ 埋立容量1,062,503㎥
       27年5月オープン
       最大深さ約30m


    CIMG6621.jpg
     処分場下部でジャパンクリーンも広瀬場長から説明をして頂く。


    CIMG6629.jpg
    浄化槽でジャパンクリーンの渡邊さんから、浄化槽の構造などの
説明を受ける。

    管理型処分場は、全体をシート(6層)で覆うため、雨水などの処理が
大変となる。
    浄化槽で処理後、広瀬川に放流される。
(BOD 15以下、COD 180以下など)
    一部は処分場に戻して再度浄化槽で処理がなされる。



    

27年度上半期主な活動報告 -4ー

今日(8月9日)は、下飯田農園草刈り~茂庭理想郷田んぼ視察
~秋保ワイナリー見学と忙しい1日となりました!


●下飯田農園草刈り (平成27年8月9日)
    
    総勢9名の参加

    CIMG6407.jpg
    大豆畑の草刈りを初めて間もなく、木実ちゃんがキジの卵を発見!



    CIMG6424.jpg
    とても暑い中、皆さん頑張って頂きました。
    《手前左より小中、菊池、三森、(後ろに隠れ:木実ちゃん)、小池、後方左より鈴木(玲子)、佐和、諸岡》


    CIMG6380.jpg
    ポーズ①


    CIMG6385.jpg
    ポーズ②


    ●茂庭理想郷田んぼ視察 (平成27年8月9日) 青葉区茂庭)

    総勢10名の参加

    この田んぼは、当NPO副理事でもある鈴木徹さんが、2年前から稲作りに興味のある仲間10人ほどと
    EMを使用した自然栽培による米づくりを実施している田んぼです。
    3反歩ある内、今年は2反歩で作付けをしていました。
    農薬を使用しないことで、蛍や今では殆ど見られなくなったトンボ及び植物など、
    貴重な、生き物・植物が復活しているそうです。
    (鈴木さん曰く理想郷たんぼに近づいている。)
    本来、EMを投入することで雑草が発生しなくなるとの説明がありましたが、
    未だ2年目ということや、EMが全体に行き渡っていないこともあり、かなりの雑草が発生していました。
    農機器を使用していないこともあり、全て手作業による除草を行わないといけないが、
    思うように人が集まらず大変だけど、収穫が出来るように頑張ってみるとおっしゃってました。
   

    CIMG6438.jpg
    鈴木徹さんの説明状況。


    CIMG6441.jpg
    鈴木徹さんの説明状況。


    CIMG6439.jpg
    雑草?


    ●秋保ワイナリー視察 (平成27年8月9日 青葉区秋保)

    総勢5名の参加

    午前中、下飯田農園草刈り、理想郷田んぼ視察と目一杯汗をかいたので、
    秋保温泉郷にある日帰り温泉『市太郎の湯』で汗を流し、美味しい蕎麦を食べたあと、
    素敵な庭を散策してから、『秋保ワイナリー』に向かいました。


    CIMG6448.jpg
    温泉と食事をしてすっきりした後、『市太郎の湯』自慢の庭園を散策。


    CIMG6456.jpg
    三森さん・堀越さんが4月15日に植樹したブドウ苗の成長具合を観に来ました。


    CIMG5653.jpg
    4月15日(水) 三森さん・堀越さん 植樹風景。
    植樹をしてから収穫までは3年かかります。


    CIMG6458.jpg
    オーナーの毛利親房さんと記念撮影。
    建物は8月末の完成に向けて工事真っ最中でした。


    CIMG7473.jpg
    12月17日にオープンして、製造したワインの販売開始。
    使用したブドウは、山梨県から購入をして醸造しました。
    5月の秋保サミット会議でテーブルに載ることが決まったそうです。
    

    CIMG7468.jpg
    店舗内風景


    CIMG7471.jpg
    店舗内風景


27年度上半期の主な活動報告 -3-

● 総会・懇親会 (平成27年6月13日 亜門)

    総勢15名参加

長谷川議長




戸田理事



高木副理事



加藤理事



佐和副理事



● 大豆種蒔き (平成27年6月21日 下飯田農園


    
    総勢9名参加

007_201602032309402c3.jpg


001_20160203230902a1d.jpg


004_20160203230930bcc.jpg


003_201602032309206ed.jpg







● ジャガ芋堀 (平成27年7月11日 岩切第二農園)

    総勢7名参加

CIMG6214.jpg


CIMG6215.jpg



CIMG6217.jpg


● 大豆畑草刈り (平成27年8月2日 下飯田農園)


    総勢6名

CIMG6361.jpg


全景


堀越さん


戸田理事





27年度上期の主な活動報告 -2-

● 加美町自然栽培の実習 (平成27年5月24日)

    参加者総勢6名

    当NPOは、NPO法人木村秋則自然栽培に学ぶ会とお互いに会員となっており、
    加美町で実施された田植えと除草・野菜作り体験会に参加して来ました。(毎年参加)


参加者全員で
    作業前に参加者全員で記念撮影。(右から長谷川、山浦、永家、堀越、三森、小成)


田植え
    完全武装若手?3人組による田植え
    自然栽培によるお米の収穫は、一反歩あたり4~5俵程度とのこと。
    やはり除草が大変だそうで、農機具にもいろいろな工夫がなされていました。 


まこもだけ
    マコモダケの植え付け状況


トマト栽培
    プランターによるトマト栽培の実習



畝づくり
    畝づくりの実習


マルチ
    トマト栽培のマルチの使用実習


づんだ
    お昼のづんだ作り


ごちそう
      加美町の長沼太一さん宅で自然栽培された農作物で調理された沢山のごちそう
      (あんこ餅、クルミ餅、きな粉餅など)を頂きました。


● 草刈り・カボチャ苗植え (平成27年5月31日 岩切農園)

    総勢10名の参加


        


第二農園水路草刈り
    第二農園水路草刈り


    第三農園カボチャ苗植え (苗の乾燥防止のため木の枝を4本ほど立てて上げる。)
   


第三農園サツマ芋予定地
    カボチャを植えた(右側)残りの畑は、今年開墾をした約40坪があり、
    後日、さつま芋を植える予定。


サツマ芋苗床
    第二農園のさっつま芋苗床(発芽している状況)


● 試験栽培畝づくり・竹組 (平成27年6月7日 下飯田農園

    総勢4名の参加


参加者
    今日は4人で頑張りました。(左から菅野、堀越、鈴木玲子、長谷川)


試験栽培用地
    試験栽培畑前景。
    無施肥、ボカシ、牛糞堆肥の3種類の肥料による
    トマト(中玉)、さつま芋、大豆の3種類による発育・収穫状況の比較を試みる。


フルーツゴールドキャバリッチ
    使用する市販トマト(中玉)フルーツゴールドリッチ


さつま芋苗
    使用するサツマ芋苗(岩切農園苗床で栽培した紅東)
    大豆は、ここで栽培した大豆を使用。(宮城しろめ)


ボカシ
    使用するボカシ。(トマト、サツマ芋、大豆に見合った量を用意)


ボカシ散布ー①
    ボカシ散布状況(畝内部)


ボカシ表面散布
    ボカシ表面散布状況


牛糞・トマト
    管理の問題もありマルチを使用(ボカシ、牛糞)


無施肥・牛糞堆肥
    無施肥、牛糞


竹組
    トマトは出来るだけ茎を伸ばしての栽培とするため竹組を行う。    


    

27年度上半期の主な活動報告 -1ー

● 開園式 (平成27年4月5日 沖野市民センター)
   
     新規加入者も含め総勢29名の参加者

開園挨拶
     長谷川理事長のあいさつ
      ・ NPO設立から開園を行っていた沖野農園が、大型区画整理事業により
       残念ながら今年いっぱいで(12月)返却することになり、
       東屋の解体、花壇の撤去・排水設備の撤去などの作業協力依頼がなされた。

下飯田農園土壌分析
     昨年末にSOFIX(COI)の取り組みの一環で下飯田農園の土壌検査を行った結果報告を
     高木副理事が説明。

下飯田土壌分析図
      土壌分析を行ったデータ。
      もともと田んぼに山砂を入れただけで、当NPOが借りてから2年程度、
      大豆栽培を行っただけの土壌なので、野菜作りの必要なリン・窒素・カリュームなどの
      野菜作りに必要な養分が、かなり不足していることが数値で証明された。

EMを使った自然農法(自然栽培)
      鈴木副理事から EMを使った自然農法(自然栽培ともいう)についての講義が行われました。

● 秋保セミナー参加 (平成27年4月15日 秋保湯元市民センター)

    総勢5名参加

(株)仙台秋保醸造所主催による
「土壌肥沃度診断(SOFIX)技術による農業イノベーションの紹介と取組事例」
  講演:「最新科学で味も栄養価も収穫量もアップさせる物質循環型農業」
  のセミナーが開催されました。
  講師 : 立命館大学生命科学部教授 工学博士 久保 幹(もとき)

事前に当NPO法人下飯田農園と秋保ワイナリー、の土壌分析を依頼しており、
その結果についての説明もして頂きました。


CIMG5668.jpg
    講演に先立ち、当NPO法人の紹介をさせて頂きました。(長谷川理事長)


IMG_0710.jpg
    講演会場風景


IMG_0712.jpg
    当会員参加者(手前右より 小成、堀越、三森、後方左 黒田)


● 新規会員講習会 (平成27年4月19日  岩切市民センター)

      参加者総勢9名

      初めて家庭菜園に挑戦する方に
      畑のルールや無農薬・無化学肥料の対応などについての講習会を実施。

会場風景
      皆さん、熱心にメモを取っていました。


EMボカシ作り
      EMボカシ作りの指導を行う (長谷川理事長・佐和副理事が実践指導)


EMとぎ汁発酵液作り
     EMとぎ汁発酵液作りに挑戦(山浦さん)

畝の段取り
     岩切第二農園にて畝づくり (畑実践者の餅さんが耕運機の使い方を指導)

ボカシの投入
     EMボカシの投入(土の中でボカシを作る)

  
種ジャガ芋のカット
     種じゃが芋の切断(中村豊さんが挑戦)

     
じゃが芋植え付け
     ジャガ芋の植え付け(山浦さんが挑戦)


畝立て
     鍬を使用しての畝立(永家さん、三森さんが挑戦 ~難しい~)


木チップの散布
     畝の表面に微生物の餌となる木チップと米ぬかを散布後、表面の土と混ぜて、EMとぎ汁発酵液を散布して完成。

     天気にも恵まれ、初参加の皆さんは希望に満ちた表情をしていました。
     「がんばれ~」


● 下飯田農園大豆栽培段取り (平成27年5月23日)

     参加者総勢8名

    大豆栽培(手前味噌づくり用)のための畝づくりを実施
    当日は天気に恵まれましたが、気温も高く重労働でした!


草刈り
    佐和さんがフル得意?の草刈り機で頑張りました~・

  
雑草のかき集め
    耕運をする前に高木副理事が事前に刈りとっていた乾燥した雑草を片付けるのが、大変でした。



耕運・畝立て
    長谷川理事長も頑張りました。


畝づくり
    耕運をして畝立てをした状況。


作業終了後
    参加をして頂いた
    高木さん、佐和さん、中村(克)さん、小中さん、鹿野さん、ご苦労様でした!
    手前の残った部分は、後で高木副理事が頑張って畝立てま作業をして頂きました。
    
          
     

      

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。