自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手前味噌づくり」大豆の脱穀完了です。

本日(12/22)は朝から風よけネットや雨避けシートを設営して先週に引き続き脱穀作業を行いました。
皆さん お疲れ様でした。やはり株数が多かったですね。

天気予報では「朝のうち晴れ、昼頃雪、午後から曇り」のチョット心配な天気!
21日午前中には、長谷川理事長の声がけで菅野さんの応援をもらい風よけネット用の骨組みを設営しました。
CIMG3795.jpg

これが幸いして、多少の天候の崩れも気にせず脱穀作業を順調に滑り出させる事ができました。
さすが、長谷川工務店(仮称)の「仕事は段取り〇割」の言葉通り・・・・。感嘆!

脱穀機は先週に引き続き庄子さんにお力添えをいただきました。
CIMG3811.jpg

ところが、先週の取り入れは雪の中だったため刈り取りができず根をつけたまま引き抜いた状態・・・・。
また、雪をかぶったためチョット半乾き、脱穀機にとっては過酷な条件です。
ほどなくすると、根や湿った茎が脱穀機に引っ掛かり止まってしまいます。急遽、根を折り取った後に脱穀機へ投入する事としました。
中村さん、折りとるのも株数がハンパじゃなかったですね。筋肉痛ですか?
CIMG3823.jpg

半乾きのため出てくる大豆はチョッピリ太り気味の「メタボ豆」、何度も脱穀機の中に絡んだ枝の撤去をしながらの作業となりました。
皆川さん、戸田さん、微妙なタイミングでの投入のお手伝いを来年もよろしくです。!
CIMG3827.jpg

菅野さん、脱穀機から噴き出される豆殻の撤去、脱穀機が止まらないための裏方作業でしたがありがとうございます。
CIMG3829.jpg

一方、黙々と豆殻の埃にまみれながら、「ハンド脱穀」をしていただいた鈴木さん、太田さん、長谷川さん、この地道な作業が作物への愛情ですよね!無肥料でやっと育った大切な大豆ですもの・・・・。CIMG3833.jpg
鈴木さん、埃まみれになることを想定したウエア+マスク、流石です。
CIMG3832.jpg

餅さん、豆殻の片付けお疲れ様です。残念ながらアップの作業風景写真がありませんでした。すみません!次回は必ず大きくアップします。

と言いながら、予定時間の12時を過ぎ、13時まで延長として何とかすべての脱穀を終わることができました。

庄司さん、午後から用事があることを伺っていながら、ご支援頂き感謝しきりです。

CIMG3849.jpg

脱穀作業を完了した精鋭部隊!今年の大豆の出来はいかに・・・・。
s-IMGP2165.jpg


<収量情報です>
23日にざっくり収量を見てみました。
2Kg入ネット袋で40袋⇒約80Kgの収量?
でも、半乾きであること、無選別である事から70Kgぐらいを想定しています。
約150坪で栽培なので75Kgが目標ですがあわよくば100Kg!などと考えていました。
「ほっとけ農法?」で無農薬、無肥料、無除草、・・・で植えただけの手間かけず!(ほったらかし)で育った大豆ですからこんなものでしょうか?

 ちなみにサンプル1袋を計量選別してみた結果を書いておきます。
s-IMGP2158.jpg

  選別前のサンプル2,457g ⇒ 選別後のサンプル2,313gと約6%の廃棄率でした。
  乾燥後にもう一度選別計量してお知らせしたいと思います。

明日から黄色に輝く豆になることを祈りながら自宅の軒先で乾燥です。

お疲れ様でした。お疲れ様でした。

会員の皆様

 改めて、「手前味噌づくり」への参加者を募集します。
 1.日時 2014年2月16日(日曜日) 9:00~14:00
 2.場所 六郷市民センター 調理室
 3.   今年は、麹も菊池理事から無農薬有機栽培米の提供を受け、「自然農食みやぎ」らしい体に優しい味噌づくりを行う予定です。

 参加費用などは別途ご連絡します。
 お気軽に、理事、農園のリーダーへお声がけください。
 昨年の手前味噌を収穫祭で持ち寄り味比べをしましたが「やはり手前味噌」で自分のが最高でした?
 是非、みなさんも味比べに参加しましょう!
 
                    文責 高木
スポンサーサイト

「手前味噌づくり」 大豆収穫作業を行いました。      その1

寒い中、大豆の収穫作業お疲れ様でした。

今日は、昨晩からの積雪(5cm?)にあい、「刈取り+脱穀」の予定でしたが庄子さんにアドバイスいただき、刈り取りだけを行いました。脱穀は数日乾燥したうえで改めて行うとしました。
庄子さん、わざわざ脱穀機を持参いただいたのに・・・・・。ありがとうございます。またよろしくお願いいたします。
CIMG3780.jpg


まさか、2.8度にしか上がらなかった(この冬最低の最高気温)中での作業だったのですね。お手伝いいただいた皆様、お身体大丈夫だったでしょうか?

大豆の刈取り作業をしていただいた、菅野さん、中村さん、ゲストの岡田さん、雪で宝探しの様な大豆探し、来年の自然発芽が楽しみですね?思ったより株数も多くお疲れ様です。
CIMG3783.jpg

収穫物運搬をお願いした戸田さん、雑草の一次選別とブルーシートでの運搬作業ありがとうございます。今日の運搬歩数はいくつになりました?手前味噌づくりの申し込みは大豆の収穫量も多そうなので追加申込みokです。

収穫物の倉庫搬入の太田さん、永田さん、間山さん、雑草が混じっていてお手をかけました。性格が表れて、きれいに並んでいました。脱穀の純度も上がりますね。
CIMG3781.jpg

乾燥棚設置の宍戸さん、長谷川さん、佐和さん、立派な乾燥棚の製作・設置ありがとうございます。宍戸・長谷川JVの仕事ぶりには感嘆です。さすがにすごい技術ですね!全員で撮った写真の後ろがその棚ですが見えませんね。後ほど写真をアップしておきます。

10:15 には刈取りした大豆の前でほっと一息休憩です。あったかいお茶がおいしかった
CIMG3786.jpg

と、言う事で大豆の刈り取り&乾燥棚・コンテナで保管となりました。皆様、本当におて彼様でした。
CIMG3789.jpg

岡田さん 「手前味噌づくり」への参加お待ちしております。

そして会員の皆さんへ!

 1.「お手伝いのお願い」
 12月22日(日)に脱穀作業と大豆の袋詰め作業を行います。
 年末準備、クリスマス準備などご多忙中ですが、そこを何とかご支援をお願いします。

 ◎予定日時:12月22日 日曜日 9:00~12:00
 ◎場所  :下飯田「太田わくわく農園」
 ◎集合  :8:30 沖野「ながぬま内科胃腸科クリニック」様 駐車場

 今年も、おいしい大豆がたくさん獲れますように!

 2.「大豆を使ったイベント案の募集」

 まだ大豆の最終収穫量はわかりませんが、「手前味噌づくり」で使った後の大豆を活用し、会員の皆様で実施するイベントなどのアイディアを募集します。
 たとえば、豆腐作りをやろう!とか地域貢献として「XXX施設さんへ寄贈する」などなんでも結構です。
 リーダへ口頭でも、mailでも結構です。お寄せください。

                               文責 高木









FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。