自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

H25年度 収穫祭を開催しました。

10月27日(日)9:00~14:30、六郷市民センターに於いて
お子さんを含めて総勢32名の参加があり、楽しく、和気あいあいの中で収穫祭が実施されました。

『コペル』さんからも石堂所長をはじめ5名の方に参加いただき大変喜んで頂きました。

s-IMGP1720.jpg

今年のメニューは
 ①石井さんの特上カレー と
     丹野さんちの有機栽培米(ミルキークイーン)ごはん
 ②長谷川さんの絶品アラ汁
 ③共同農園のシャキシャキ大根サラダ
 ④チンゲン菜とベーコン炒め
 ⑤大根菜炒め 
 その他、長谷川さん栽培の里芋、高山さん栽培の赤大根昆布酢漬け、 などなど、
 食材は、無農薬・無化学肥料で会員の皆さんが育てた野菜(ジャガイモ、たまねぎ、大根、里芋、チンゲン菜、)、水も小成さんこだわりの水で・・・・・。

s-IMGP1703.jpg

涙~涙~の玉ねぎむき 男子厨房で頑張る
s-IMGP1706.jpg

調理の合間に記念撮影? 邪魔しないでください!カレーの肉を炒めてるんですから・・・。

s-DSCN9892.jpg

食事をしながら、会員の方々が今年得た栽培ノウハウや苦労話などの情報交換を行いました。

●中村さんからは、野ネズミ対策に苦労した話
・風車を大量設置しましたが効き目なく(振動でモグラやネズミが近ずかないはず)
・ローズマリーを植えたが逆にかじられた(コンパニオンプランツの匂いで近寄らないはず)
・粉にした唐辛子を畝に蒔く⇒大成功
●長谷川さんからは青草(雑草)とボカシ、EMとぎ汁発酵液、木チップを使用した畝作り
・青草を土中でボカシ肥(EM発酵液、油粕、・・・)にする(青草はエネルギーがぎっしり)
・H13年4月のブログ参照
CIMG3543.jpg

終わりには、共同農園で栽培した大根、大豆、の格安販売もあり、和気あいあいの中で収穫祭を終了することができました。
大根は翌日に「コペル」さんへお届けして美味しく食べていただくことにしました。

今植え付け時期の玉ねぎの苗が待っている人も多く、来年の収穫を楽しみに足早に帰りました。 

                                         文責 高木

スポンサーサイト

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

違いが解る写真(長ネギ)

今年の春に根の白石農園で同時期に植えた余目長ネギの状況です。(10月4日撮影)
 比較してみて下さい。

最初は両方とも青草・ボカシを施して植えています。
写真Aは、一度土寄せを行っただけで、雑草の撤去はしてなかった。
     EM発酵液はたまに散布。
写真Bは、三度土寄せを行いたまにEM発酵液を散布してた。

     畝が白くなっているのは、バクテリアの餌となる木チップを播いた後、
     米糠を散布した物です。(散布後EM発酵液を散布してます。)

       根の白石長ネギA

      写真A (10月4日に雑草撤去後土寄せをした状況)

      根の白石長ネギB

      写真B (10月4日に雑草撤去後土寄せをした状況)


  ※ ポイントは適切な時期に土寄せを小まめに行うことが大事だということ!
      都度土寄せを行う = 当然雑草を撤去しなければならない。
      畝の高さが足りなくなったら、横にして植え替える。(曲がりネギ)
    
    他の野菜作りも同じで、無農薬で栽培している事もあり、雑草の適切な処理、
    及び小まめに現場を観に行き、都度適切な対応をすることが大事ですね。

                                       長谷川 記

長谷川道場に入門?

9月23日(月)岩切第二共同農園にて大根間引き、キャベツ・白菜苗植え作業を皆さんの
協力で実施しました。

       参加者全員<br />で
      
      黒田副理事、佐和副理事、餅理事、本田絹子さん、
      佐藤のぞみさん、娘の梨音(りお)ちゃん、甥の連くん、姪の芹奈ちゃん

参加全員がそれぞれの作業を分担し、頑張りました。

      梨音・芹奈畑仕事

      左から 芹奈ちゃん、梨音(りお)ちゃん、本田さん


ここで連くんの飽きっぽい性格が暴露! 問題で~す(笑)

       問題の連くん


佐藤家では、甥の連くんの飽きっぽい性格にに関してかなり問題となっていたようで
たまたま私(長谷川)が、連くんに厳しく作業指示をし、本人もすこしやる気を
出し始めた様子を観て、佐藤のぞみさん、娘の梨音(りお)ちゃん、姪の芹奈ちゃんの
3人が、これからも一緒に畑仕事をした~いとの要望出されたました。
(いままで連くんに厳しく言ってくれる人が居なかったのかな?笑い)

子供達3人からこれからも長谷川のおじちゃんと畑作業をした~いとの要望に答え、
『長谷川道場』開設?の運びとなりました。

     長谷川道場門下生?


     連くん、バシバシきたえるぞ~。覚悟するんだぞ~

                                      長谷川 記

     

FC2Ad