自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

「手前味噌づくり」 ポット苗(1,400ポット)を植えました

皆様 大~変~お疲れ様でした。
私も、ぐったりしています。

本日、お手伝いいただいた方々
 長谷川理事長、佐和さん、菅野さん、餅さん、皆川さん、太田さん、諸岡さん ほんとうにお疲れ様でした。

さすがに1,400ものポットを二本ずつに株を分けて植えるのは大変でしたね。
今日の作業時間もきちんと記録して、来年へ生かす事にしますので、お手伝いいただきました皆様、こりずによろしくお願いしま~す。

まずは、苗を運ぶことが大変でした。
理事長の軽トラに活躍していただきましたが、実に5往復もして運んでいただきました。
(70トレイ÷15トレイ)
s-CIMG2923_20130630195556.jpg

植えども植えどもポットが減らず、午前中ぐらいの予定が実に17:00までかかりました。
雑草取りに時間を取られたんです。梅雨に入りここ2週間ぐらいで畝に雑草がびっしり!
反省=畝は再度耕耘しておくべきでした。
s-CIMG2931.jpg

予定外の昼食タイムとなり、みんなで「コンビニおにぎり」をほおばりました。
うまかった。 このころはまだまだ、みんな元気です。
ジョークを連発しながら楽しい作業というところでした。
s-CIMG2927.jpg
s-CIMG2929.jpg
皆川さん、うめ~!サクランボ(佐藤錦)ごちそうさま。
元気が出ました。
s-CIMG2926.jpg

その後、なかなかポットが減らないんです。
もう三時、もう四時、もう五時・・・・・。
やっと、皆さんで写真に納まったのは実に17:00で~す。
s-CIMG2934.jpg

ヤッターの歓声と整然と並んだ苗の列を見て満足感を味わう事しばし・・・とはいかず、即解散となりました。

s-CIMG2935.jpg

今回、参加いただいた皆様は「自称 まめクラブ」の会員として認定いたします。
皆様方、7月のとある日の「納涼会」を楽しみにしてください。
菅野リーダー 企画をよろしくお願いいたします。

最後に、元気に農作業をできるように健康管理を最優先で!

                         文責 高木
スポンサーサイト

「手前味噌づくり」6/16(日)の直播大豆の様子です。

6月16日(日)に直播(60坪)した大豆の生育状況をお知らせします。
23日に発芽状況を確認しに行ってきました。
発芽状況はs-IMG_1378.jpg
発芽が始まりました。しかし、美味しい豆の部分を鳥に食べられた芽もいっぱいです。
困りました。
s-IMG_1382.jpg
これが、豆の部分を食べられた大豆の芽です。
すぐにでも鳥対策が必要になりました。
犯人はやっぱり山鳩です。のんびり畑地の芽を見ながら突っついています。
s-IMG_1386.jpg
さて、慌てて釣りのテグスを対角線上に張りました。
透明のテグスが風を切る音が鳥にはニガテと聞いています。
(効果があるかで検証できます)
人のほうも心配なので下の様な表示をしてきました。
s-IMG_1383.jpg

そして、24日夕刻に様子を見に行きました。
鳩はテグスを怖がっている様子もなく、テグスの隙間をぬって畑地を散歩しています。
効果ないのかな?
でも、テグスのそばは救われている?

そして25日朝5時半、鳥はまだ散歩していません。
でもs-IMG_1409.jpg
初生葉が見えていますが育つのでしょうか?{頑張れ!」
しばらく観察をすることとしました。

一方、非常に元気に育っている苗もあります。s-IMG_1411.jpg
こんなに成長しています。
鳥にもこの辺で満足してもらい、後は残しておいてください!
s-IMG_1417.jpg
株数は確認していませんが、2~3割は鳥の被害を受けたと思います。
それでも良いようにポット苗も1,400ポット栽培中です。

                             文責 高木

「手前味噌づくり」ポット苗が順調に育っています。

☆「手前味噌づくり」用大豆の成長記録です。
1.今日は下飯田農園の直播大豆の状況確認に行ってきました。
  ⇒まだ発芽していませんでした。(種蒔き日含め4日経過)
  昨日まで乾燥していたので遅れていそうです。昨日(6/19)
  の、たっぷりの雨が発芽を促すのを期待しています。
s-IMG_1347.jpg
鳥避け用の大豆(廃油につけて撒きました)も
雨に洗われ、根が出始めています。
s-IMG_1344.jpg
この豆が育っちゃいそうです。
また、この豆が食べられていないと言うことは、「しめしめ」でしょうか?
2.6月9日に蒔いたポット苗の生育状況です。s-IMG_1362.jpg
⇒こんなに立派に成長しています。
 今日、初生葉2枚展開していましたので、ネットを外して伸び伸び
出来るようにしました。
s-IMG_1363.jpg
3個づつ蒔いて、ほとんどが2本以上発芽しています。
植え付けは初生葉(2枚の葉)の間から本葉(3枚葉:三つ葉状)が見え始め頃が適期ですが、
移植予定の30日までに育ちすぎちゃいそうです。
s-IMG_1366.jpg

育ちすぎちゃうかもしれませんが6月30日(日)9:00~
現地集合(下飯田農園)で植え付けを行います。
皆様、ご支援をよろしくお願いいたします。
                     文責 高木

「手前味噌づくり」 大豆の直播をしました。

種蒔き作業お疲れ様でした!
天気も味方してくれて、暑くもなく日照りでもなく
適度な湿りの畑に種を蒔くことができました。
ご協力ありがとうございます。

s-IMGP1115.jpg
8:00~9:00
長谷川さん、朝から再度の畝たて作業お疲れ様でした。
今日の畑の状態は、適度な湿度の畑が出来上がりました。

「下飯田わくわく農園」近郊の転作水田でも先週から大豆の
播種作業が盛んにおこなわれていました。
 農家は機械での種蒔きですが、私たちは手蒔ですので、
天気予報(天候)も見ながらタイミングを見計らい、
種蒔きを行いました。
s-IMGP1117.jpg
9:00~10:30
幅60cm畝は一条、80cm畝は千鳥で二条の1か所3個として、
約60坪の畑に種蒔きをしました。
大豆は1.5リットルでした。

写真は間隔を計りながら蒔いた「几帳面ちーむ」の種蒔き風景です。
素晴らしい!
他の3人は、適当(最適に適ですよね!)
発芽してから適当さが解ってしまいますが、アバウトでも
収穫できれば・・・・・。
「味噌の種でもあればね」なんて楽しい会話をしながら、もう味噌の
話です。(ちょっと気が早いかも!)
s-IMGP1119.jpg
お疲れ様でした。
長谷川さん、餅さん、菅野さん、中村さん、太田さん
大変ありがとうございました。

後はパトロール中のキジやハトさんと良い関係性を保てれば◎

                      文責 高木

「手前味噌づくり」種蒔きの準備(大豆の水分調整)

明日(6月9日)に大豆を直播する予定です。

 昨年は直播がほとんど発芽せずポット播きに頼るしかなかった
んです。手伝ってくれた方にごめんなさい!
 今年はその反省(「湿害」と推定)を生かして
  ①雑草の除去と畝たては土が乾燥している5月中に行う
  ②畝は高畝として、排水路も設ける
  ③湿害を減らすための種蒔き方法を工夫する
 
 この③を色々webで調べましたところ、興味ある
「浸漬処理による大豆種子の簡易水分調整」(三重科技セ・農業研究部・作物グループ)の研究報告にたどりつきました。
 「大豆の発芽時の湿害回避には、種子水分を調節して播種する手法の有効性が知られており・・・」の文章に引かれ、「種蒔き前日の二回浸漬処理」をして大豆種子を蒔くことにしました。

s-IMGP1059.jpg
浸漬するEM活性液の150倍液です。
s-IMGP1063.jpg
10秒程度浸漬しました
水切りし、20分放置して、再度10秒浸漬しました。
s-IMGP1065.jpg
二度浸漬処理後、底に穴を開けたビニール袋に入れ9日の種蒔きを待ちます。
明日の天気予報を見てから処理できるので雨天順延の作業には最適ですね。
具体的な湿害の低減が出来たかなどのデータは取れませんが、今年こそ!気合が入っています。

                文責 高木
  

「手前味噌づくり」ポット播き大豆が発芽しました。

みなさ~ん!良いお知らせで~す。

 6月9日に皆さんでポット播きしました大豆が
本日確認しましたところ、元気に発芽していました。
 まだ、土を持ち上げている途中の坊や(お嬢さん)もいますが
みんな元気です。

 菅野さん、水かけなどありがとうございます。
s-IMG_1336.jpg

 今度は、成長を楽しみにしましょう。
 今は、ネットの下で鳥に食べられない様にジッとしていますが
2~3日で頭がネットについてしまいますね。
 さて、どのようにしてネットに余裕を持たせるかも考えなくちゃ!
s-IMG_1332.jpg

 昨年度収穫の大豆も購入した大豆も詳細を確認していませんが
同時に発芽を開始しています。
s-IMG_1337.jpg

 このまま順調に生育すると6月30日(日)には定植ができそうです。
別途皆様には作業のお願いをいたしますので、
ご協力をよろしくお願いします。

 まずは、第一歩をクリアしましたね。

                   文責 高木

 

「手前味噌づくり」ポットへの種蒔きを行いました

皆様お疲れ様でした
6月9日(日)9:00~
共同作業でポットへ大豆の種蒔きを行いました。
実に1,400ポットもあるのでどうなることか?と心配して
いましたが、積極的に共同作業に参加いただき
予想以上のスピードで終わりました。(11:00には完了)
s-IMGP0970.jpg
●種は直播予定分を含め
 ・3リットルを新規購入した大豆
 ・2リットルを昨年に収穫した大豆を用意しました。s-IMGP0973.jpg
●大豆はEM活性液200倍希釈液に30秒浸漬し20分保管して蒔きました。

s-IMGP0980.jpg
●暑い中でのポット蒔きお疲れ様でした。
 3粒/ポットで購入大豆を50トレイ(1,000ポット)
        昨年の大豆を20トレイ(400ポット)
 深さは指の第一関節分程度(2cm)です。
s-IMGP0985.jpg
●今後、購入種子と昨年収穫種子と同じような管理を行い
発芽率や生育状況を観察・報告していきます。
ご期待くださいね!

また、6月2日に手が回らなかった、用水路付近や駐車場付近の
草刈を、中村さんに支援いただき管理された農園に変身する
ことができました。
 ありがとうございます。
s-IMGP0978.jpg
●さすがに凛々しい姿で、安全管理もバッチリです。

本日、作業に参加いただいた
 沖野農園のみなさん
  菅野さん、太田さん、宍戸さん、高橋さん、中村さん、芹沢さん
  戸田さん、塙さん、諸岡さん
 岩切農園からの応援のみなさん
  勝又さん、岩澤さん、鈴木さん
 そして、長谷川さん、気持ちがうれしい餅さん
 大変ありがとうございます。
 美味しい味噌を作りましょう。
 
 尚、16日は下飯田農園で直播をしますので、こりずにご支援を
お願いします。

                    文責 高木
  

「手前味噌づくり」ポット蒔の準備をしました。

s-IMG_1314.jpg
【ポット蒔の準備をしました】
 6月6日(木)からポット蒔の準備を始めました。
 ☆10.5cmの1,400ポットへ培養土を入れます。
  20ポット/トレイとし70トレイです。
  培養土は25ℓを18袋使用しました。
菅野さん大変お疲れ様です。大変助かりました。s-IMG_1313.jpg
いよいよ、6月9日(日)に種蒔きをします。
3粒/ポットの予定です。
吉田さん防鳥用のネットをありがとうございます。
                      文責 高木 

佐藤のぞみさん親子 ボカシ・EMとぎ汁発酵液に挑戦

家族写真
  5/19(日) おばあちゃん、叔母さんも参加し総勢5人で
  岩切第二農園のじゃが芋土寄せ、トマト・ズッキーニ・ブロッコリー・
  カリフラワー苗植え、トウモロコシ・枝豆の種蒔きと雑草取、水撒き
  (EMとぎ汁発酵液で希釈)に挑戦しました。

ボカシ①
  畑の作業を終了後 《ボカシ作りに挑戦》しました。
  米糠8kg、油粕+骨粉3kgを満遍なくかき混ぜ、EMとぎ汁発酵液
  2リットル(とぎ汁、EM-1 20cc、糖蜜20cc、テラC一摘み、塩一摘み)
  を入れ、その後、水分調整を行う。

ぼかし②
  全体に良くかき混ぜ、握って型崩れしない程度の水分調整を行う。
  樽の隅まで良くかき混ぜたら、籾殻入れ用の厚めのビニール袋に
  入れ、濡れた新聞紙を被せてから空気を全て出してから、紐で
  結わえてゴミ箱(蓋付き)に入れ(ネズミ対策)保存。
  今の時期は2週間ほどで完成。

発酵液①
  《EMとぎ汁発酵液作りに挑戦》
  15リットル用のバケツに7本分の水(沢水)を入れ、7掴みの
  米糠をさらしの袋に入れ、米のとぎ汁より若干濃い目に絞る。
  (水道水を使用する場合、1日天日に当て塩素分を飛ばして   
  から使用すと良い。)

発酵液③
  EM-1を20~25cc、糖蜜20~25cc、テラC一摘み、
  塩一摘みを入れる。(小さじ半分程度)
  糖蜜はとぎ汁で溶かしてから入れる。(冬場はお湯を使用すると良い。)

発酵液④
  とぎ汁を入れる。

CIMG1410.jpg
  ほぼペットボトル一杯まで入れて出来上がりです。
  今の時期は2週間程で出来上がると思います。
  発酵の目安は、甘くほど良い匂いがしたら完成です。
  水撒きの場合は、30~100倍程度に希釈してから使用。

                             長谷川 記


 

FC2Ad