自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

「手前味噌づくり」スタートしました。

2013年度の「手前味噌づくり」がスタートしました。
「身体にやさしい発酵食品を自分でつくる」そして会員の交流を
深めることを目的として大豆栽培の共同作業がスタートしました。
栽培は当然、無農薬・無化学肥料で栽培します。s-IMGP0766.jpg

 ●5月25、26日の両日に「下飯田わくわく農園」で
   大豆栽培の畑の準備をしました。
   お手伝いいただいた皆様、お疲れ様でした。
    ★雑草の刈り取り&耕耘
    ★畝たて(185坪)
   【昨年の湿害への改善】
    ・畝たてを乾燥している5月中に実施し、固まった土を
     減らす(砕土を良くする)
    ・畝の高さを20cm以上確保しました
           
   CIMG1566.jpg

    なかなか雑草の根の撤去も大変でした!
    この根も堆肥に変身させ、来年の土づくりに生かします。
    「畑から得たものは畑に返す」を実践しましょう!
 
   
CIMG1570.jpg
s-IMGP0764.jpg


 皆様、大変お疲れ様でした。
    美味しく、身体に優しい、味噌を造ることを目標に・・・・・・。

●6月はいよいよ大豆の種蒔きです。
 今年の計画は、
 1.麹の原料米は無農薬栽培米を使う
 2.大豆は地元宮城の固定種「ミヤギシロメ」を
   無農薬・無化学肥料で栽培する
 3.大豆の種子は30%を昨年収穫した「ミヤギシロメ」を
   使用する

この計画に当たっては
 当会の菊地理事の賛同をいただき麹の原料米として理事が
栽培した無農薬米を提供していただけることとなりました。
 ありがとうございます。
 「ミヤギシロメ」の作付については「野口種苗研究所」の
野口様からmailでアドバイスをいただきました。
 ありがとうございます。

                          文責 高木
スポンサーサイト

トマト苗の植え方

自然栽培の木村秋則さんから伝授したトマト苗植え込み方法のお知らせです。

 1.購入してきた苗を下の写真のように

   加工②

   ・先端の葉を残し、根から先端の間の葉を取る。
   ・ポットの土を水で洗い流す。
   (5月1日実施)

 2.苗を横にして植える。
   石を枕にして先端を上げてやる。
   水を掛ける。(今回はEMとぎ汁発酵液を使用)

   植え込み②

 3.8日後(5月9日)の状態。
   先端が起き上がってきます。

   植え込み④

 4.掘り上げると根と先端の間の茎の部分から根が生えているのが解ります。

   植え込み⑤

 5.普通の栽培より根が多くなるので、土中の養分吸収率が良くなり成長が増す。
   支柱をしっかり施工すれば5m~10m程になる。

 6.脇目を切り取って同様に挿し木をすると株を増やせるので、
   何本も苗を購入しなくとも良い。

                              長谷川 記

FC2Ad