自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

究極の自然農法「山楽耕」



だいこんの種をひとつぶずつ蒔いているところ、秋には収穫に訪れます。



究極の自然農法「山楽耕」

酷暑でも「山楽耕」は本当に気持ちがいい!
お盆もとっくに過ぎ秋風が漂うこの時期になっても、厳しい酷暑が続いている。
25日(土)は避暑を求め、大勢で山楽耕を訪れてみた。

やはりここは違うと誰もが言う。空気がとても心地良いのである。
野山のような散策路を歩くと、自然農法で育った野菜や果樹たちが迎え入れてくれる。

ブルーベリーをほおばると甘酸っぱい味が身体全体に伝わる...
モロヘイヤも売っているものとは桁違いに味が違う...
一緒に訪れた子供達も躊躇なく口に入れる...
これがほんものなんですね。

ここは野山にもかかわらず、ヤブ蚊が一匹もいないと誰かがつぶやいた。
信じられないけれど、汚れた土がないことを示しているのです。

先日、大田篤さんの言葉に、汚いところには汚い生きものが、綺麗なところには美しい生きものが集まると言った言葉がこの「山楽耕」には当てはまるのです。一言で言えば「イヤシロチ」なのです。
では、何をやったかと言えばEM(有用微生物)による土壌の浄化です。

ここの土壌は、この炎天下にもかかわらず、むやみに雑草を刈り取らない限り、水の供給は入りません。
歩いてみると、ほかほかの柔らかさが足から伝わってくるのです。

ここまでくると、もう肥料といわれる有機物も何も土に施す必要はなくなります。
つまり、無肥料で育つことが誰にでもわかります。

福岡式農法の(故)福岡正信氏は、「人間が作物を作るのではない...自然の力が...豊かな恵みを人間に与えてくれる」「何もしなくても自然が作ってくれる。人間がやることは種を蒔くだけ。後はお天道様作ってくれます。」生前にこれらの有名な言葉を残しております。

その名人の域に達した「山楽耕」長の大枝邦良氏は、実は「自然の楽園」をつくろうとしているのではないかと私は感じてしまった。

「自然の楽園」と言えば、自然農法の雄・岡田茂吉氏も美しい楽園を求めた「弥勒の世」と福岡正信氏の自然神を追い求めた楽園というものは、実は同じ物ではないかとふと気がついた。たぶん...

自然農食みやぎ 
代表  鈴木 徹

スポンサーサイト

仙台のパワ-スポット 「光明の滝」

em1.jpg
DSC00614_convert_20120824070837.jpg
近づいて見ると水の色が濃い
DSC00615_convert_20120824071312.jpg
仙台のパワ-スポット 「光明の滝」

連日の猛暑に耐えきれなくなって、畑仕事などやってられない気分になってしまった。(笑)
で、昨日は涼しげな空気が漂うところに行って参りました。

雨もさっぱり降らない、 水がめのダム貯水量も減りっぱなしときた、だが、ここ「光明の滝」は満水が漂っております。実に気持ちがいいのです。

場所は泉区・七北田川の支流である長谷倉川上流の静かな山の中にある。 隠れた名滝の一つと言われ、流れ落ちる滝の水は迫力があります。

終点・「朴沢」バス停を目指すとすぐです。 是非、訪れて見てはいかがでしょうか。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹


EMぼかし容器に打ってつけ!

鈴木有機農園の鈴木英俊さんと....
DSC00612_convert_20120810200533.jpg
EMぼかし容器に打ってつけ!

写真に写っている大量の容器は、韓国や中国から山菜やなめこ等の食材が詰められ送られてきたものである。日本での食品加工処理が済めば、容器は産業廃棄物としてポイされてきた。 それが、いつの日かEMファンの目に止まったのである。

ある所にはあるものだ、場所はお隣り山形県のとある食品加工工場内。
いくらでも持って行っても良いことになっている。 それも、ただなのです。

ご承知のとおり、この容器はEMぼかしをつくるには今や大切な必需品なのである。
密封が出来て、40KGと丁度手頃な重さで大きさで、積み重ねもできるので保管管理にも優れているのである。

これから、EM農法を試される方には必ず必要になってくると思う。
私も来年の稲作には多分必需品になると思うので、今から数を集めて置くことにしました。

自然農食みやぎ 
代表 鈴木 徹

さぁ河川の浄化を始めよう!

DSC00606_convert_20120805212323.jpg
さぁ河川の浄化を始めよう!

その前に比嘉教授が示している結界(波動)について述べたいと思います。
2ヶ月前から家を守るといわれる結界を引くために、自宅の角角にEMとぎ汁発酵液を置いてみた。
比嘉教授が映像で示している通り、2メートルまで狭めながらの間隔に置いてみたら、ようやくその成果が現れてきたようである。

2週間前から明神様(外神)に毎朝上げているごはんに、すずめが全然寄り付かなくなってきたのです。ですから、側に止めてある自家用車に大量に落ちていた鳥の糞もありません。これは驚く事だと思います。

恐らく、自宅の周りが不思議な空間に変化してきたのではないかと感じています。

さて、本題に入ります。
今日(8/5)から自宅の側を流れている藤川(梅田川の支流)の上流部に30LのEMとぎ汁発酵液を流して来ました。これから流す発酵液が、藤川・梅田川・七北田川に合流して太平洋に流れる仕組みです。

七北田川河口は震災で壊滅的に破壊された南蒲生汚水処理施設があります。
そこは今でも塩素の大量投入箇所ですから、海も相当に汚れていると聞いております。
何とかEM菌よ届けという気持ちで活動開始です。

今後は1週間に2回は継続して実施して行きますので、皆さん、どうか応援をお願いします。

自然農食みやぎ
代表 鈴木 徹

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。