自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

その後のEMによる除染活動

霊山町・町内旧グランドの表土はがし その1
DSC00586_convert_20120731100837.jpg
霊山町・町内旧グランドの表土はがし その2
DSC00589_convert_20120731101021.jpg
伊達市瀬の上地区民家の除染作業
DSC00591+1_convert_20120731101331.jpg
福島市森合地区の民家除染作業
DSC00594+1_convert_20120731101855.jpg
その後のEMによる除染活動(7月30日)

「EMエコクラブ伊達」の遠藤さんと除染活動を続けていた霊山町の旧グランドも、表土はがしを実施することになったようです。これから本格的に、県内の公私立の学校・幼稚園・保育所のセシウム低減作業がやっと始まるのだそうです。
だが、表土をはがしたセシウム土壌は、ひとまとめにしてそこいらに置いておくだけという事ですから、あまり解決策にはならない処置なのです。

一方、伊達市・瀬の上地区の方々からは、この辺は2年後に民家の除染が始まるとのこと、あくまで予定ですから3年後に伸びるかもしれないと、あまり期待できない様子も伺えました。

さらに、福島市笹谷地区の方々からは、こちらは、市民には何の除染計画も提示されなくてあきらめ顔の様子です。 
そんな中.....伺ったお話によると.....子供達の甲状腺異常が増えてきているというのです。中学校での検査(甲状腺マーカー)で、うちの子は正常値よりは高くて今のところは問題ありませんがと言われたのだそうです。他にも相当数の方がおられた様子です。
さらに、甲状腺がんと診断された子供もいるそうです。

こうなると、いまだに放射線が出っぱなしですから、やはり、子供達だけでも安全な場所への移住の選択しか残されていないのではないかと感じます。
このあたりの地区線量はいまだに0.7マイクロシーベルと以上はありますから、やはり長く住めば危険なことには変わらないのです。

さて、これまで続けているEMによる除染ですが.....
伊達市の担当者によると、EMはボランティアで勝手にやってくださいと知らん顔の対応です。国がやる除染の政府試算では、福島県内の汚染地域だけで400兆~500兆のお金が必要だとか、であるならば、国が破綻するまで垂れ流しで続けていく事も考えられます。そして、まもなくその破綻が起きることは確実なのです。

こんな、20世紀の古い科学にしがみついている、官僚・御用学者・大企業の利権に国民は付き合って行くしかないのでしょうか......

EMによる除染活動は今後も続けて行きますが、表土はがしが本格的になれば我々の作業も無駄な事とやめる覚悟も必要になってきます。それまでは、福島市の民家を中心に進めて行きたいと思います。

どうか、これからも応援をお願いします。

自然農食みやぎ
代表 鈴木 徹


スポンサーサイト

畝に生の雑草を鋤込む!

畝に雑草を鋤込む
DSC00566_convert_20120724202443.jpg
雑草の上に米ぬかと とぎ汁発酵液を掛けて土中発酵を促す。
DSC00569_convert_20120724202754.jpg
表面に土を掛けて40日間熟成させる。
DSC00571_convert_20120724202927.jpg
畝に生の雑草を鋤込む!

今回のEMによる炭素循環&天恵緑肥(青草発酵液)で育てたきゅうりは、苦みやえぐみもなく柔らかい優しい味がする。これが、岩切わくわく農園のKさん達区画の感想なのです。

つまり、動物性堆肥や化学肥料・農薬を一切入れないで育てた作物はこういう味がするのである。

通常、言われている有機栽培でもこうなりません。もちろん、無肥料自然栽培ならこうなるはずです。
私は何とかしてこういう作物を世に出すか、家庭菜園で普及させることを目指しています。

これからは免疫力が上がる作物を育てないと、日本人は本当に滅ぶのではないかと危惧しているからなのです。
それは福島原発事故も含めて、今後は相当の癌発症者が増大して行くのではないかと感じているからなのです。

放射能はフリーラジカル(活性酸素)を多発させますから、発症件数は増大の一途になっていきます。
であるならば、対応策は免疫力を上げるしかないのです。

さて掲載した写真は、自然栽培では絶対やっては行けない土作りの方法である。

生の雑草を入れる事は虫が付く、根がやられる等と言われているから、生は好気発酵させて熟成させてから入れるというのが常識なのですが、それではカスと同じであり、単なる土を軟らかくするだけなのです。

私に言わせれば、発酵エネルギーは土の中で還元させてこそ、発酵合成型土壌が形成されていくのであるという持論が成り立ち、さらにEM菌は、通性嫌気性微生物(好気も嫌気にも対応)の特色を持っているから可能でもあるのです。

やり方は、雑草を鋤込んで米ぬかをまぶし、米のとぎ汁発酵液(活性液でもOK)を充分に浸し、土をかけたら約40日程ほったらかしにしたら栽培可能になります。

実は、何故こんな無謀なやり方を書いているかというと、この状態で青草発酵液をかけ続けて行くと、数も大きさも限界突破現象が起こることをハウス栽培で経験しているからなので、今度は路地で試してみたいのです。
うまくいったらお慰みです。

自然農食みやぎ
代表 鈴木 徹

EMによる炭素循環&天恵緑肥農法と「ハクビシン対策」

DSC00564_convert_20120722201812.jpg
EMによる炭素循環&天恵緑肥農法と「ハクビシン対策」

ここは自然農食みやぎ「岩切わくわく農園」Kさん達の区画である。
農に目覚めた女性6人が和気藹々とロハス的な農園生活を楽しんでいる。

栽培方法はEMを使った炭素循環&天恵緑肥農法を伝えています。
女性の方々だけで本気になって栽培をするのには、農機具を使用しても大変な重労働であることから、どうやって軽減できるかを考え出した栽培方法なのである。

今のところ、「たまねぎ」も「じゃがいも」も上出来なくらいに完璧に収穫できた。
だから、無肥料・無農薬栽培に近づいてきたと言えるのである。

では、種あかしをします。

面倒なEMボカシなどは不必要、常識と言われる有機物等は土に入れる必要はなく、(肥料を入れると虫が付くから)蛎殻石灰や窒素・リン酸・カリ等の養分等はすべて無視、考える必要は全くないのである。

必要なものは.....
EM米のとぎ汁発酵液、米ぬか、木チップ、天恵緑肥(EM青草発酵液)さえあれば完璧に育ちます。

1.とぎ汁発酵液は作物を少しだけ大きくする時と青草発酵液の臭いコントロールに使用する。
2.米ぬかは作物の養分調整として微生物が受け渡しをしてくれる。
3.木チップは微生物が長く生き長えるためのえさと住み家として利用。
4.青草発酵液は大きなドラム缶の中に生の雑草や野菜の生屑と少々の米ぬか、そして、米のとぎ汁発酵液と水で好気発酵させた液をそのまま作物にかけるだけである。
ドラム缶の中では川と同じ浄化作用が起きてくるから、光合成細菌が大きなエネルギーとしてとてつもない働きを起こし、当然、青草からの酵素も出来てくるから、工夫すれば、限界突破現象等も誰でも観察することが容易なのである。

それから、木チップは米ぬかの上に、米ぬかも土壌に置くだけである。
作物が芽生えた時や苗を植え付けた時だけは青草発酵液は強いので、米のとぎ汁発酵液を薄めて使用する。
米のとぎ汁発酵液や青草発酵液の微生物を週2回ほどかけ続けていけば、土の上からの微生物の補充も完璧になります。後は微生物が勝手に野菜を育ててくれます。

木チップは今はセシウム濃度が高い欠点があるが、恐れることはない、光合成細菌がセ シウムえさとして取り込むこと、イオン化したセシウムを無害化(金属化)する働きが わかっているから完璧に押さえられるのである。 数値を測ればまずは計測されない。
是非、やってみて下さい。

掲載写真は土の中に何も入れないで、上記方法で育てた「とうもろこし」である。
これからの問題はハクビシン対策(とぎ汁発酵液もしくは活性液を吊るす)なのである。

比嘉照夫教授のEM波動で動物が寄らなくなるという動画を見ての対抗手段なのであるが、果たして上手く行くかどうか? 実に楽しみである。

自然農食みやぎ 
代表 鈴木 徹 

 

今日16日はEMだんご・海の日全国一斉投入日!

DSC00526_convert_20120716200018.jpg
仙台市太白区三神峯・天沼公園
DSC00535_convert_20120716203017.jpg
地元町内会の環境活動メンバー&自然と仲良しの会&自然農食みやぎ&
Uネットみやぎのメンバー総勢16名が集合
DSC00536_convert_20120716201319.jpg
EMだんご投げ入れ開始その1
DSC00538_convert_20120716201521.jpg
EMだんご投げ入れ開始その2
DSC00543_convert_20120716202401.jpg
EM活性液&EMとぎ汁発酵液流入その1
DSC00542_convert_20120716201941.jpg
EM活性液&EMとぎ汁発酵液流入その2
DSC00546_convert_20120716203520.jpg
イベント終了後の記念写真

今日16日はEMだんご・海の日全国一斉投入日!
仙台地区でも次の2カ所で無事実施されました。

1.仙台市泉区高森 高森東公園の沼

2.仙台市太白区三神峯  天沼公園 時間 10:30~
 (天沼の投入内訳)
    EMだんご 600個   EM活性液  100L

写真は天沼公園の投入風景です。

この天沼の浄化活動は、地元町内会と福祉施設「わらしべ社」が共同でホタルの里を取り戻そうと、数年前からEMで浄化活動を継続しているところです。
すでに、沼の上流部ではホタルがしっかりと住み着いており、憩いの公園として定着しています。
今後の活動目標は、仙台地区でどぶ川と言われている場所を見つけ出し、アユの遡上を目指すことです。そんなこと無理だと思っている人はこの映像をご覧下さい。
ドブ川に輝くアユ ~早川に何が起きたのか~

現代科学では信じられないけれど必ずこうなります。

自然農食みやぎ
代表 鈴木 徹


FC2Ad