自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

時代は有機栽培から自然栽培へ

木村秋則自然栽培に学ぶ会IN加美町 長沼太一様宅
木村秋則自然栽培に学ぶ会IN加美町
プランター栽培トマト定植体験
自然栽培トマトプランター定植
自然農食みやぎ長谷川氏田植え体験
自然栽培体験・長谷川氏
時代は有機栽培から自然栽培へ

5月20日(日)加美町の長沼太一様宅にて、木村秋則自然栽培に学ぶ会が開催されました。今回は自然栽培の田植えとその除草、そして、トマト定植の体験実習です。

まずは「自然栽培水稲の除草」です。

田植えもしていない浅い水たまりの田んぼに、竹ほうき4本分くらいの枝を外して、大きな木片2枚に挟んだようにして、田植機みたいなものにくくり付けて、田んぼ全体を数回はいたようにして除草しているのです。

田植えもしない、雑草も生えてないのに何故そんなことをするかというと、雑草を含め作物は芽よりも根が先に生えるので、芽が出て来た時では遅いのだそうです。
根が生えた時にやるこそが一番手間がかからないので、その時に上記のような方法で除草するのが自然栽培のやり方なのだそうです。

普通、農家のプロも素人も含め、種から芽が出るのが先で根が出るのが後だと錯覚している人がほとんどです。つまり、雑草が生えてからの除草では遅すぎることに気づいていない現実があるのです。

次に「トマトのプランター1本横植えについて」箇条書きで書いてみます。

1.少し大きめの横長のプランターを用意して、水はけの良い土を入れます。
2.苗1本を買って来たら、上の葉っぱ2枚位を残して全部はずします。
3.葉っぱをはずしたところは傷口ですから消毒の為に、乾いた砂を付けてやります。
4.苗の付いたポット苗を水に数分付けて染み込んだら、ポットごと押してやる。
 (ポットの土を固めてやらないと植え込みの時に土が崩れるため)
5.プランターの手前を掘って根から横に寝せて植える。2枚葉っぱのところだけ枕を掛けたように上に出す。後は枯れるまで一切の水をやらない。
  自然に雨が降った時でも大雨は嫌うので雨に濡れさえないようにする。
6.養分が全然ないので、枝豆の種を葉っぱのところから20センチくらい離して両脇に1個ずつ植える。決して根の方には植えないこと。
  窒素固定の根粒菌をトマトの養分として使う。その場合は黒豆は絶対駄目です。
 (黒豆は他の植物に根粒菌の窒素を分け与えないのだそうです。)
7.枝豆には水分は必要なので枝豆の根にだけ定期的に水をやる。
8.枝が成長したら約10メートルは伸びるので、ぐるぐる巻きのように伸ばしてやるのだそうです。  

それと畑での自然栽培も同じことですから、出来るだけ水をやらないで高ウネにして枝豆の根粒菌栽培で試みてください。水をやらないで育てたトマトが本物だそうです。

今日は木村秋則さんに、例の「未来カレンダー」について質問をされた方がおりました。
木村さんの答えはすでにその現象は始まっていて、地軸のずれが起きていることはNASAも認めていると、近いうちに本当の事を言うのではないかと言っておられた。

木村秋則さんは、海や川も湖も森林伐採や大気汚染、オゾン層の破壊、放射能汚染もみんな人間が汚してしまった。それらが原因となって今、地球変動の始まりを起こしている。
今こそ自然栽培を世に普及させて、地球の未来を取り戻すことが使命であるという。

ご承知のように、有機栽培では「地球汚染」は止まらないのです。
自然栽培こそが地球を救う、つまり「生きとし生けるもの」すべての生命体である地球を救う活動に立ち上がろうという事なのです。

ちなみに、長沼太一さん達のグループは、今年から有機栽培の田んぼをすべて自然栽培に変えるそうです。
これらの考え方はEMの理念そのもので、まさしく、私達と同じ考え方だと強く感じています。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹

スポンサーサイト

発酵道に生きる!

発酵道に生きる
発酵道に生きる

丸森松坂峠のEM除染で知り合うことができた、寺田本家の 故)当主、寺田啓佐氏の「発酵道」という本をEM千葉世話役の岩井和廣氏から頂き、早速読んでみました。

最近のコメント同様、私には驚くことばかりです。

自分でいうのも何ですが、私が一番大切に感じている事と同じ事を、そのまま実践している方だったと思えます。

私には、何だかこの本を読みなさいと神さまから言われた気がしてしまいました。これまた不思議な気がしております。

この本を読んで、寺田さんは現界での役目を終えられて、幽界における役目を神から与えられたのだと、私は確信を持ってしまいました。

寺田さんの著書の書かれている内容を少し披露します。

「自分のところへ入れよう、入れようとするんじゃなくて、吐き出しなさい。力も汗も、親切もお金も、自分の持っているのはすべて吐き出しなさい。吐き出したらひとりでに入ってくる。

何よりこれからの時代は、微生物との響き合いが生きていく上での鍵になるということを、一人でも多くの人に伝えていきたいと思っている。

自分のもの、自分のお金、自分の会社、自分の成功.....「自分の、自分の」という我意識は、腐敗をまねいてしまう。発酵している意識というのは、本来の自分、本当の自分の意識をいうのだろう。一人一人の心の奥にある、純粋な意識のことを。「自分の利益や欲を捨てたときに、人間は救われる」

そこは大きな共生の世界、仲よしの世界、感謝と報恩の世界だ。本来自然界は、動物の世界も植物の世界も、そしてこの人間界だって、同じような仲よしの世界だったのではなかったのか。調和と愛の世界だったのではなかっただろうか。

こんな生き方を理念としている経営者は、寺田さんが初めてではないだろうか、私は前の職場に19年間在籍して、いろんな業界の数多くの経営者をみてきましたが、こんな考え方の経営者は初めてです。

話は変わりますが、寺田さんがつくる発酵玄米酒や発酵酒粕等は、糖尿病や高血圧に相当効くと全国の愛飲者が感想を述べられています。

そして、寺田さん自身も玄米菜食等のマクロビオテックや自然食品に切り替えていたのにもかかわらず、糖尿病の悪化から死に至ってしまったのは、何が原因だったのだろうかと、私は少し探求して見たい気持ちにさせられてしまいました。

何でもストレスが原因などと片付ける今の考え方は、大変危険です。

恐らく、森下自然療法にヒントがあるのだと思います。
飢餓の方向に身体を向けながら、向き合って行く何かです。。。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹

森下自然医学の基本食

森下自然医学基本食その1
森下自然医学基本食その2
森下自然医学の基本食

先月26日に水道橋にある森下敬一自然医学「お茶の水クリニック」に行ってきました。
森下敬一医師はマクロビオテックを創設した桜沢如一氏の最後の生き証人です。

千島学説は知っているが、森下医師を知らない方が多いのでご説明しておきますが、実は千島学説=森下学説なのです。

がんも難病も問題は臓器ではなく、血液が原因だというわけです。

森下先生は絶対に突然変異などはあるわけがないのが持論です。あれは、医師や
科学者が自分の理論を説明出来なくなった時の言い訳けとして正当化させるため
に考えたついたものだと断言しています。だから、突然ではなく必然なはずだと
言っております。

血液は骨髄から作られるのではなく、小腸の絨毛細胞から食物が取り込まれて赤血球が作り出されていくという持論を今から60年も前から唱えている。
だが、現代医学は依然としてこの定説を認めようとしない。

すでに、ガン死は年間35万人を超え、先進国ではガン死が減ってきているにもかかわらず、日本だけが突出して増えているのである。

こうなると、治療方法に疑問を抱くのは素人の私でも当たり前で、寿命が延びたから数が増えたなどの反論は通用するわけがないのである。何故なら小児癌の増加、40~50代の恐ろしいほどの乳がんの増加などの説明が付かないからである。

お茶の水クリニックでは、末期がんの患者さんが死にものぐるいで上京し、森下先生のお話しや診察を受けた後、そのまま、苦労して家へたどり着き、その通りの食事療法を死にものぐるいで実践することにより、完治した患者さんがたくさんいるそうです。

断食をゆるやかにしながら、食事療法でがんや糖尿病・難病を完璧に治すのです。
食事は11時と18時の2食で、朝食は身体に悪いので取らないことだそうです。
後は必要に応じて、酵素(抗酸化剤)や葉緑素の服用が必要だといいます。
なお、ニンジンジュースは身体を冷やすので厳禁だそうです。

では、ご参考までに食事の基本食を掲載いたします。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹

FC2Ad