自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

岩切第二農園の開墾作業風景

岩切第二農園開墾風景1
岩切第2農園開墾風景2
岩切第二農園の開墾作業風景

我がNPOでは新たに1反部(15坪20区画)の市民農園を増設することになった。
ご覧の通り、 耕作放棄地を復活させることも我々NPOの使命でもあるので、非常にやりがいがあると感じております。

現代農の常識では、耕作放棄地を耕すのは至難であると言われておりますが、自然農の考え方では、長い間に農薬や化学肥料漬けの毒が解消されていて、返って好都合と考えます。

案の定、ススキの枯れ枝や小枝を排除していくと、ふかふかの土壌が目に飛び込んできました。今年は良い畑が出来ると嬉しくなってきます。

予定では4月から開園の見込みです。ご期待ください。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹
スポンサーサイト

東城百合子氏 講演会のお知らせ

img001_convert_20120213205954.jpg
【講演会のお知らせ】

食生活が人生を変える -心と体を元気にする生き方・食べ方-

自然療法研究家 東城百合子氏の講演会が開催されます。
どうぞ、お気軽に参加してみてください。

福島原発事故後、放射線によって誘発される強烈なフリーラジカル(活性酸素)の有害性は子供の鼻血やアレルギー、化学物質過敏症等を引き起こすといわれています。
また、体内のフリーラジカルの増大は、免疫力を著しく低下させ、あらゆる病気の原因につながります。このような状況は東北地方で今も続いており、何もしなければ私達の体も確実に蝕まれて行くことになるのです。
この講演会では、その打開策のヒントになればと、期待したいところです。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹

自然素材を生かす「ほんもの料理」を味わう会

隠れ家の料理
自然素材を生かす「ほんもの料理」を味わう会(通称)

ここは仙台市中心部にある隠れ家の一室である。

自分で育てたEM野菜や出所がはっきりしている無農薬有機野菜を使って、安心安全な料理を楽しむ会として、毎月1回定期的に開催しているそうです。
わたしは、昨秋からEMの情報等を伝える役目として、いつもお邪魔虫として参加させて頂いております。

この1枚の写真では少し想像が付きませんが、料理を表現する食器の美しさや盛り付けのしかた、野菜の素材を全面に引き出す調理方法等、多くのことを皆で学ばさせて頂いております。もちろん、マクロビオテックの陰陽論は織り込み済みのようです。

そして素材も大事ですが、身体にしみ込む料理は美味しいことが原則で、特にマクロビオテック理論の行き過ぎは、時として料理をむなしくしてしまう事もあると料理長は伝えています。

また3.11以降、巷では魂を磨こうという動きが囁かれていますが、自然農法の岡田茂吉は美の追求こそが一番磨かれると唱えております。そういう意味では、器や料理の美しさを表現することも、とても大事な要素になるのではないかと私は感じています。

自然農食みやぎ 代表  鈴木 徹

FC2Ad