自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

名取洞口農園の「たまねぎ」苗植込み、無事完了!

名取洞口農園たまねぎ植え
  今年の「たまねぎ」苗植込み、無事完了しました!

  我が自然農食みやぎの共同栽培畑「名取洞口農園」において、
 11月7日(日)・14日(日)、たまねぎの苗 3,200本(うち赤700本)
  の植込み作業を実施いたしました。

  これまでの3年間、雑草の草刈り作業に耐えられなくなり、人手不足も重なって、
  ご覧のとおり、今年は黒マルチ方式の栽培を試すことにしました。

  問題は、作物の養分を供給する微生物に「エサ」をどうやって供給するかです。
 
  試してみたいことは、木材チップによる炭素循環農法と天恵緑肥(青草液肥)
  による微生物農法です。 はたしてうまくいくかどうか? 楽しみですね。
 
  自然農食みやぎ 代表  鈴木 徹


スポンサーサイト

「奇跡のりんご」が届きました。

奇跡のりんご
 待ちに待った「奇跡のりんご」が今年も届きました。
 
 最近の木村秋則さんはあまりにも忙しいようで、個人的に連絡を取ることなどは
 もうとても出来なくなってしまいました。
 でも、こうしてりんごが届くと、繋がっている気持ちにさせられます。
 
 私の仲間達には大勢の木村秋則ファンがいます。
 隣の県で講演会が開催されれば、何よりも優先させて皆で講演(7/17福島講演)
 を聴きに行きます。
 
 芸能人でも俳優でもミュ-ジシャンでもないのに、木村秋則さんの笑顔に会いたくて
 行って見たくなるのです。不思議な人です。
 
 そういえば、木村さんのりんご園で、木村さんの頭上に一杯たまゆらが写っている
 写真を見せていただいたことを想い出します。

 自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹


微生物農法による 「自然栽培の畑」

自然農法畑その1
自然農法畑その2
自然農法畑その3

微生物農法による「自然栽培の畑」

有機栽培から試行錯誤の上、今年7月から始めた私の自然栽培畑の姿です。

高くした畝の中に、生の雑草の有機物と嫌気性微生物をすき込んだところ、
ある程度の作物の成長が見られました。
 
一方、何もすき込まなかったところは、ほとんど成長が見られません。
 
成長の良し悪しは、ドラムカン発酵による好気性微生物の有機物液肥
(雑草青草&作物残渣)でどれだけカバー出来るか、それが楽しみです。

自然栽培は、無肥料による不耕起栽培や雑草との共生、水やりも行わない
でいると、淡い黄緑色の「命ある作物」が育ちます。 

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹

FC2Ad