自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソマチッドと714Xの真実 ~ガストン・ネサンを訪ねて~

ガストン・ネサンの著書

  「タイム」などに多数の研究論文を発表している生物学者のクリストファ-・バ-ドが
書いた「完全なる治癒」1997年日本語版を読んだ方は、この著書がどれだけ人類
に大いなる希望を与えてくれるか理解していただけたかと思う。
残念ながら、その後絶版になり、今現在中古本としては45,000円の値が付いて
いるという。さて、この著書の冒頭に書かれていることを引用すると。。。
 
この著書の主人公であるガストン・ネサン氏は現在の最先端技術を用いた顕微鏡よ
りも優れた分解機能を持つ特殊な光学顕微鏡を発明した。
ネサンはその顕微鏡によって、人間の血液中に細胞よりはるかに極微な生きた有機
体を発見し、ソマチッドと命名した。一部の科学者はソマチッドがDNAの前駆物質で
あり、地球上の全生命の基礎単位であると考えている。

ソマチッドは特有のライフ・サイクルをもち、血液中で形態を変化させている。その
「ソマチッド・サイクル」の観察によって癌などの変性疾患の発症を18カ月前に予測す
ることができる。ネサンが独自の理論に基づいて開発した免疫強化製剤 「714-X」
の鼠渓リンパ注射によって、ガン患者1000人のうち750人が完治し、エイズ、
筋萎縮性側硬化症などの難病患者も劇的な改善を示している。

はじめてこんな情報に接した読者は、まずどのような印象を持たれるだろうか? 
たいがいの読者は反射的に「うさん臭いな」と感じられるのではないだろうか。
①の「顕微鏡の発明」まではさほどのいかがわしさを感じなかった読者も
②の「細胞よりも極微な生きた有機体」とか「DNAの前駆物質」あたりになると
「そんなばかな」と思われるのがふつうであろう。
現在の生物学や医学では「生命の基礎単位」は「細胞」であり、DNAからRNAを
へてタンパク質の合成にいたるという仕組みは「セントラルドグマ」(中心教義)と
呼ばれるまでに不動になっているからだ。
ましてや、③の「18カ月前にガンを予測」や④の「ガン患者1000人のうち750人
が完治」などは「眉唾もの」と受け取っても無理からぬ「大言荘語」のようにも聞こえる
だろう。「そんなにいい製剤があるのなら、なぜ国立がんセンタ-や大学病院が使わ
ないんだ」という反論が出てくるのが常識的な反応かもしれない。

本書の主人公、ガストンネサンは、生涯の大半をその常識的な反応、すなわち
「うさん臭い」「いかがわしい」「そんなばかな」「眉唾もの」「大言壮語」といった感情
的な攻撃の十字砲火にさらされながら孤独な研究生活を続けてきた。
ネサンがさらされてきたのは一般社会からの攻撃ばかりではない。
医学や生物学の学会からも、製薬会社からも、ヒステリックなまでの攻撃を受け
続けた。そのために故国フランスを追われ、カナダへの移住を余儀なくされたが、
移住先の攻撃の嵐はやまなかった。嵐がやまないどころか、とうとうカナダ医師会
からも訴えられ、ネサンの研究生活全体の信憑性そのものが問われるという。
前代未聞の法廷闘争がくりひろげられることになった。
この「完全なる治癒」の本書はその法廷闘争の一部始終を記録した貴重なドキュメ
ントとして描かれている。
 
さて、この絶版になった「完全なる治癒」が世に出てから25年を経過しようとしている。
このたび、千島学説・森下学説を研究しているグル-プがご高齢であるが今なお
健在なガストン・ネサン氏宅を訪問し、「完全なる治癒」が本当に正しいかを確かめる
べく 「聞き取り調査」に行かれた内容が「ソマチッドと714Xの真実」と題した著書
である。
 
この本を読んでいただけるならば、「ソマチッド」とは医学史上最大の発見であり、
ガストン・ネサン氏が20世紀最大の科学者の一人であることは間違いないと思うこと
でしょう。彼の研究はノ-ベル賞をいくつも受ける価値がありますが、既得権益が
はびこっている医学界では恐らくそれは期待できないと思われる。

もう、ガン死は年間死亡者の2人に1人にまで迫ってきており、一刻の猶予もならない
切実な社会問題にまで追い込まれている。
3大療法(手術・抗癌剤・放射線)で治らない現実を考えれば、もう間違いなく現在の
治療法に誤りがあると考えるべきである。

ネサンの安価な「714X」や安価な「ソマチッドスコ-プ」が国内に広まれば、「病気の
ない社会」つまり、医師や製薬会社や生命保険会社等が「儲からない社会」が構築さ
れるはずである。ましてや国家に対しては、医療費抑制(厚生労働省)に多大なる
貢献を示すことになると期待できる。
 
どうか、一人でも多くの方々がこの著書を読まれ、「真実に目を向けて」いただければ
嬉しい限りです。  希望の星より
 
スポンサーサイト

アレルギーが起こるカラクリとは


  今回は医療について書いてみたいと思います。

  前々から疑問であった現在のアレルギー理論について、森下敬一博士はとても
大事なこと伝えておりますのでご紹介いたします。  
 
<アレルギーが起こるカラクリとは>

  栄養学者は常識化している消化理論の中で、 蛋白質はアミノ酸に分解されて
初めて吸収されるというが本当はそうでない。
 実際はアミノ酸に分解されないでそのまま血液に入り込むのである。
10年ほど前(昭和41年頃の話)血液センタで皆さんから血液をいただき、
いろいろと検査したこ とがある。意外なことに気がついた。
血液を1mmぐらいの試験管に入れ、遠心沈殿機にかけて 調べると、
血球の部分と血漿の部分に分かれる。もちろん、下のほうには重い赤血球がくる。
最初、赤血球と血漿の二層だけかと思っていたところ、そうではなくて、
しばしばその血漿の上に、もう一つの層ができる。なんだろうかと
非常に興味を持って調べたところ、最初のうちはわからなかったが、
やがてそれは、牛乳の蛋白と卵の白身であることがわかった。
こんなところに蛋白や卵白が出てくるとは、どうしても合点がいかない。
 そこで、何回も調べ直してみたが、やはり、牛乳の蛋白と卵の白身なのである。
  そこで、その血液の主に来ていただいて、いろいろ訪ねてみたところ、
血液を200CCも取られては、採血の最中に倒れてしまうかもしれないと思って、
予防のために「生卵を5つも飲んできた」という。この人一人だけかと思っていたら、
そうではなく、何百人もの人がみんなそうしたというのである。
 このことから、何が分かるかというと、われわれ自信の体蛋白とは違う動物の蛋白、
異種の蛋白が血液に入るのだから、これは間違いなく
アレルギー反応を起こすということである。
 (1976年 森下敬一著 ガンを食べ物で治す法 から)

  厚生省の最近の調査(2000年以降)では国民の3人に1人は(今はもっと
増えている)何らかのアレルギー体質を持っているというから、
この裏付けに当てはまる。
 決して、大気汚染等が原因説とは考え直すべきである。 
 
  希望の星より
  


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。