自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うるま市立図書館のEM浄化法 

うるま市立図書館玄関前に於いて、EM研究機構・石川氏より説明を聞く
DSCN0305_convert_20121213204137_20121213204512.jpg
汚れなど一切見られない程のピカピカの便器
DSCN0314_convert_20121213203740.jpg
空気吹き込み攪拌処理施設の中
DSCN0318_convert_20121213204347.jpg
うるま市立図書館(旧具志川市図書館)のEM浄化法 (11月10日視察)

うるま市立図書館の中水道システム(EM浄化法)を視察してきました。

すでに、23年前からEMによる水処理の水源として採用されたことは、全国のEM関係者には承知の通りであるが、やはり、現地を見ると見ないとでは感じ方が全く違うのである。

まずは、写真をご覧ください。便器は汚れなど一切見られない程のピカピカなのです。
嘘かどうかは知りませんが、これまで一度も掃除したことがないそうです。

EM浄化法「中水道システム」とは.....
屎尿を生活雑排水と合わせて、嫌気性微生物(EM)で有機物を分解し、空気を吹き込み攪拌しながら処理された水は、砂ろ過を通して地下貯水タンクに溜め込み、飲み水以外の用水として、再びトイレ用水や植栽用の水として利用する水のリサイクルシステムで、環境に優しく、経済効果でも実績を上げている。

当初予算も20分の1まで削減されたとのこと....
設立した1991年度の水道料予算として120万円を計上していたが、実際の水道料はたったの6万円。当初予算の20分の1であったとのこと。

また、設備内の金属部分にEMが触れた部分はピカピカ、錆びていないのある。
もし、設備のセメントにもEM活性液やEMセラミックスを混ぜ合わせていたら、何百年も維持できる事も可能になるのである。これは驚くべきことなのです。

私は、何故この方法が全国に普及されてこなかったのが不思議でならない。
これは、学期的完結型屎尿処理ではないか、どこも汚さないで元に戻すという究極の汚水処理なのです。

なお、EM浄化法の詳細を知りたい方は次のホームページをご覧下さい。
EM浄化法 うるま市立図書館

自然農食みやぎ
代表 鈴木 徹
スポンサーサイト

EM団子投入イベント(沖縄県糸満市)を見学!

EM研究機構石川氏の説明を聞いている。
DSCN0270_convert_20121201205524.jpg
イベントスタッフはお揃いのユニフォームです。
DSCN0273_convert_20121201205735.jpg
浅瀬にEM団子を投入!
DSCN0266_convert_20121201210241.jpg
EM団子です。
DSCN0271_convert_20121201210054.jpg
EM団子投入イベント(沖縄県糸満市)を見学!

11月10日(土)糸満市潮崎にて、EM団子の投げ込みがあると聞いて、EM研究機構の石川氏のご案内のもと当地を見学させて頂きました。

当日は、糸満南小学校の生徒や保護者、EM研究機構職員等100名以上集まり、糸満南小学校の4年生が作ったEM団子を学校近くの浅瀬に投げ込みました。

ご承知の通り、EMの善玉菌は河川・港湾の環境浄化に一役を担っているのです。
特に沖縄はEMの発祥地で、糸満漁協並びに糸満市海人課(うみんちゅか)が協力してEM団子作りを行っているということですから、ちゃんと、行政も漁協も効果を認めているのです。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹

大うなぎが登ってきました!

最初に見つけた大うなぎ
DSCN0031_convert_20121021182028.jpg
さらに50メートル上流にて見つけたうなぎ
DSCN0020_convert_20121021182223.jpg
カワエビの死骸
DSCN0017_convert_20121021182453.jpg
生きている大うなぎ
DSCN0028_convert_20121021182632.jpg

大うなぎが登ってきました!

8月5日から始めた藤川(梅田側支流)のEM河川浄化で、絶滅危惧種になるといわれている日本うなぎの大物が河口から登ってきました。
たった、15LのEM発酵液を週1程度、上流部から投入し続けただけなのです。

今朝は町内会の定期的川掃除で、多くの住民が参加していました。
私はEMを撒いた責任者として、何か成果が上がっていないかと川面を見つめていた時に、死んでいる大うなぎを見つけました。

その時そばにいた住人は、誰かがどこかで釣ってきて処分に困って川に捨てたんだろうと言いました。ほら、その証拠にオキアミの冷凍(本当はカワエビ)えさが周りに一杯捨ててあるだろうと....その時は確かにそうかも知れないと思いました。

それからさらに、50メートル上流部に行くとまた死んでいるうなぎを発見しました。
やはり、周りに一杯にカワエビと思われる死骸が広がっていました。

そうこうしているうちに、今度は100メートル下流部で生きている大うなぎがいるぞと
誰かの声がしました。やはり、そこでもカワエビらしきものの死骸は川一面に広がっていました。
カワエビの死骸は誰かが捨てた位の固定的な広さでなく、広範囲に大きく広がっておりました。こうなると、カワエビも登って来たとしか考えられなく、このうなぎは誰かが捨てたのではなくて、登ってきたのだと町内の皆様が認めてくれました。

実はこの川はコンクリートにより水量が極端に少なくて、大きなさかなたちに取っては厳しい道程なのです。ですから、死んでいた大うなぎは傷だらけで尽き果てた結果なのです。生きていた大うなぎも、大きな傷だらけで瀕死の状態になっていました。
その姿はあきらかに下流から登ってきた姿なのです。他にもオイカワらしきさかなの傷だらけの死骸も確認されました。

町内に40年住んでいる方々は、初めて藤川で生物を見たと言ってくれました。それほど汚れた川だったのです。

私は大変嬉しかったですね。今後も、さらにEM投入を継続することにより、きっと新しい発見が出てくると思います。本当にEM菌の凄さには驚きです。
きっと日本中の川が復活します。

さて、このブログにもEMに対する中傷誹謗でケチを付ける方がたくさん出て来ました。
ケチを付ける方の言い分が、有りもしないデタラメだと総攻撃を仕掛けて来ます。
でしたら、EM活動をしている方々の現場検証に見に来てください。現場を見てからケチをつけてください。全国のEM活動をされている方々にどうか足を運んでください。
机上の理論でケチをつけてもあなた方の言い分は通りません。
私達が誤りでしたら素直に謝ります。

なお、中傷誹謗のメールについては、今後掲載をお断りさせて頂きます。
また、我が方の一切のブログ記事をツイッター等に貼り付けすることも、今後は禁止させて頂きます。

自然農食みやぎ 
代表 鈴木 徹


その後のEMによる除染活動

霊山町・町内旧グランドの表土はがし その1
DSC00586_convert_20120731100837.jpg
霊山町・町内旧グランドの表土はがし その2
DSC00589_convert_20120731101021.jpg
伊達市瀬の上地区民家の除染作業
DSC00591+1_convert_20120731101331.jpg
福島市森合地区の民家除染作業
DSC00594+1_convert_20120731101855.jpg
その後のEMによる除染活動(7月30日)

「EMエコクラブ伊達」の遠藤さんと除染活動を続けていた霊山町の旧グランドも、表土はがしを実施することになったようです。これから本格的に、県内の公私立の学校・幼稚園・保育所のセシウム低減作業がやっと始まるのだそうです。
だが、表土をはがしたセシウム土壌は、ひとまとめにしてそこいらに置いておくだけという事ですから、あまり解決策にはならない処置なのです。

一方、伊達市・瀬の上地区の方々からは、この辺は2年後に民家の除染が始まるとのこと、あくまで予定ですから3年後に伸びるかもしれないと、あまり期待できない様子も伺えました。

さらに、福島市笹谷地区の方々からは、こちらは、市民には何の除染計画も提示されなくてあきらめ顔の様子です。 
そんな中.....伺ったお話によると.....子供達の甲状腺異常が増えてきているというのです。中学校での検査(甲状腺マーカー)で、うちの子は正常値よりは高くて今のところは問題ありませんがと言われたのだそうです。他にも相当数の方がおられた様子です。
さらに、甲状腺がんと診断された子供もいるそうです。

こうなると、いまだに放射線が出っぱなしですから、やはり、子供達だけでも安全な場所への移住の選択しか残されていないのではないかと感じます。
このあたりの地区線量はいまだに0.7マイクロシーベルと以上はありますから、やはり長く住めば危険なことには変わらないのです。

さて、これまで続けているEMによる除染ですが.....
伊達市の担当者によると、EMはボランティアで勝手にやってくださいと知らん顔の対応です。国がやる除染の政府試算では、福島県内の汚染地域だけで400兆~500兆のお金が必要だとか、であるならば、国が破綻するまで垂れ流しで続けていく事も考えられます。そして、まもなくその破綻が起きることは確実なのです。

こんな、20世紀の古い科学にしがみついている、官僚・御用学者・大企業の利権に国民は付き合って行くしかないのでしょうか......

EMによる除染活動は今後も続けて行きますが、表土はがしが本格的になれば我々の作業も無駄な事とやめる覚悟も必要になってきます。それまでは、福島市の民家を中心に進めて行きたいと思います。

どうか、これからも応援をお願いします。

自然農食みやぎ
代表 鈴木 徹


日本橋川の浄化活動を実施中!

日本橋川浄化活動中その2
日本橋川浄化活動中その1
日本橋川の浄化活動を実施中!

先日(4月25日)、かねてから念願であった、水道橋にある自然医学の森下敬一クリニックに行く機会がありました。

そこに行く前に、靖国神社に一度は行って見ようと思っていたところ、途中に偶然にも私が関わっているEMによる日本橋川の浄化活動を実施中の看板前を通っていたのです。

私は別にそこにいくつもりもなかったから不思議な気持ちにさせられました。

ご承知のように、ここはEM情報誌「善循環の環215号」に掲載していたとおり、大都会のど真ん中にサケが遡上してきたところです。常識では考えられないことなのですが、今とても注目されているところなのです。

あらためて、EMの一番得意とするところは、やはり、浄化作用(蘇生)なのだと感じます。

自然農食みやぎ 代表 鈴木 徹


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。