自然農食みやぎのブログ

NPO法人自然農食みやぎのブログです。日々の活動や農作業の様子をお伝えしていきます。

大豆の脱穀終了「味噌になるのを待ってま~す」

寒波の来る目前!1月21日(日) 9:00~12:00 岩切農園のハウス前において、大豆の脱穀作業を行いました。
ご支援いただきました皆様、寒い中ありがとうございます。感謝!感謝!で~す。
s-IMGP4972.jpg

朝の8:30 天候は快晴とは言えませんが青空が見え、お日様の光にぬくもりが感じられる天気。風も無く一安心です。(岩切農園の冬は近郊の泉ヶ岳からの西風が強く吹きおろし、寒さが体に刺さる寒さなんですが)

なんと、ハウス前の広場にブルーシートを敷いて冬の日差しにあたりながら脱穀作業をしました。
七北田川の堤防をジョギングしている方が「なんだ!あの集団はみんな下を向いて・・・」と怪訝な顔をしながら見ていきます。
s-IMGP4967.jpg

作業をしながらも、自然農食みやぎの会員の皆さまは、話題が豊富で雪の話から、熊、白鳥、犬・・・・と話は大きく展開し、大笑いやら、えー!まで楽しい会話に花が咲いて寒さを忘れていました。
s-IMGP4968.jpg



本来は乾燥した大豆を準備した竹の棒でたたいて脱穀をするつもりでしたが、なんと、さやが硬くて豆が飛び出せません。やむなく1莢づつ手で・・・・。
s-IMGP4965.jpg

これも反省、乾燥の仕方がうまくいかないんですね。

結果は、1リットルの種を蒔いて、収穫は5.8kg これって3倍にも満たないー。昨年に続いて脅威の不作なんです。
これもお手伝いいただいた皆さんと「苦笑い」(笑っている場合ではないのですが・・・)

脱穀の終わりに近づいた事を確認して、H理事、M理事は農園に設置してある倉庫2台の風養生作業をやっていただきました。
冬の間の西風で、倉庫も動かされたり、すごいんです!

状況を見に行ってみると、なんとその姿は・・・・に見えています。
s-IMGP4971.jpg
T理事も一生懸命にやっていただいているのに失礼ですね。ハッ・ハッ・ハッ~。
s-IMGP4976.jpg

倉庫養生も完了して 本当に皆さまありがとうございました。
「手前味噌づくり」を楽しみにしましょう。2月18日です。
スポンサーサイト

手前味噌用の大豆の脱穀をしてみましたが???。(12月17日(日))

12月17日(日) 9時から11月に刈り取った大豆(みやぎしろめ)の脱穀を行いました。
脱穀機は昭和の香りがプンプンの山本製作所製足踏み式。すごいな~!と言いながら脱穀を開始。

sP_20171217_093141_1_p.jpg

脱穀機からは豆がたくさん飛ばされるはずですが、なんと、枝と葉っぱと豆の鞘が美しく飛んでいきます。
そうなんです。乾燥不足で豆の鞘が開いていないのです。
今年は、「ハウス乾燥」を狙いましたが乾燥不足!締め切ったハウスは風が通らず、大失敗です。

sP_20171217_093449_1_p.jpg

やむをえず、鞘から豆を取り出し作業です。
う~ん。何時終わるかわかんな~い。

sP_20171217_095813_1_p.jpg

時間も10時でです。忘れちゃいけない tea break

Hさん そば茶ご馳走様です。やはり冷たいペットボトルのお茶はMさんが美味しそうに飲んでいましたが、どなたも飲みませんね!寒!

新そばの話から、そば栽培の話、えごまの話、ねずみの話・・・・

色んな話題で花が咲きました。
sP_20171217_114905_1_p.jpg

12:00も近くなり本日はタイムアウト。
そこで、直ぐに次の段取りを始めるのがこのチームのすばらしさです。

作業のために準備していた網で棚を作り、その上に防虫ネットで包んだ乾燥不足の大豆の鞘をのせて下から風を通して乾燥させる戦略です。

乾燥には風が一番! ちょっとねずみが心配ですが。
ねずみって棚まで登りますか?こんな話をしながら本日は終了として、正月明けに竹で叩いて脱穀をすることにしました。

毎度まいど、大豆で苦労しますね。ほんとに学習しないんだから!
ごめんなさい!sojigi_animal_kuma[1]



皆さまお疲れ様でした。大豆の苗の定植を終えました。

6月25日(日)にセルポットへの種蒔きをお手伝いをいただき、その後、愛情をこめて苗を育てていただきました。
大変ありがとうございます。

私が持ち帰った苗の発芽の様子です。(7月2日には殆んどが発芽しました。植物はすごい、ちょうど1週間目)
s-IMGP4694.jpg

種蒔きの後、Hさんからのメールで「ベランダで発芽はしたけど直射日光が当たらず徒長しそう!」と緊急の連絡。
岩切の農園内に置いて水かけだけは・・・とお願いしました。
何度か私も心配になり水かけに行きましたが、一生懸命に育てていただき、定植作業を予定していた7月16日以前に本葉も出揃ったので先行して定植しましょうと理事のMさんと相談していました。
s-IMGP4751.jpg

そして、7月8日(土)臨時理事会の後10:00~12:00で理事のMさんに頑張っていただき、植え付け予定の畑を半分耕しました。
草もぼうぼうの畑だったので草の根が耕運機に絡んだり、硬いままのところでは耕運機も跳ねたり大変な苦労をして耕しました。

30度も超える厚さにギブアップ、Mさん、大変お疲れ様でした。
s-IMGP4749.jpg

そして、元々植木屋さんが使っていた土地なのでまだまだ植木の根が出てきます。
s-IMGP4750.jpg

今回で少しはましな畑になったかな?、今年の秋も収穫後にしっかり耕しておけば来年は楽になりますね。
そして、Mさんの育てた苗をMさん自らが定植して「Mさんワールド」を。種蒔き~収穫まで状況が・・・・・・・・。

翌9日は、私も頑張って残りの畑を耕しました。昨日と状況は変わりません。疲れたー。
s-IMGP4752.jpg

そうそう、Hさんの苗への水やりとMさんが定植した苗にもしんなりしていたので水をあげました。元気にな~れ。
s-IMGP4754.jpg

その後はHさんの苗をMさんと手分けして、私は15日に自分の育てた苗とHさんの苗を、16日の模範植えのつもりで植えてみました。(やはり素人で模範にはならなかったですね・・・アハハー。)
s-IMGP4757.jpg

そして、7月16日(日)9:00 今日も暑そう!
皆さんに集まっていただいて苗の植え付けです。条間100cm、株間30cm! H前理事長の指示の基、黙々と定植作業を行いました。
s-IMGP4765.jpg

熱血指導者です!
s-IMGP4762.jpg

途中で「曲がってる!、やり直し!」厳しい言葉にもめげず沢山豆を付けた秋の姿を思い浮かべながら黙々。

Tさんも植え付け場所は、ほぼ苗を育てた家族ごとに○○ワールドななりました。最後まで見守ってくださいね。

s-IMGP4764.jpg

途中、Kさん差し入れの冷たいシソジュースで鋭気を・・・・うまいですね~。皆さま、今年もシソの育ち具合を見て「シソジュースづくり」の案内を致しますね。でも、今年は栽培に手が廻らなかったので大分少ないと思います。

s-IMGP4767.jpg

11:00には全て定植を終わり記念撮影!お疲れ様でした。これからも、収穫まで見守ってください!
そんな一日でした。

s-IMGP4772.jpg

お疲れ様でした。
                       文責 高木

今年の大豆の種蒔きはセルポットで!

続きを読む

6月25日(日)大豆の種蒔きを実施します。お手伝いをお願いいたします。

今年も「手前味噌づくり」の大豆栽培を開始します。

NPO法人 自然農食みやぎ 会員の皆さまへ

  今年も梅雨の季節になりましたが、西日本では雨不足も懸念されているようです。 仙台地方の入梅も遅れているようですが大豆の種まきの季節がやってきました。

  昨年の「新芽が全て鳥に食べられちゃった」を今年はなくすために、セルポットに 種まきを行い、皆様に苗を育てていただき、定植する方法で大豆の栽培をおこない たいと考えております。

  つきましては、以下の日程および作業内容で進めさせていただきたく、ふるって種蒔き・・・苗作り・・・苗の定植・・・草刈・・・収穫・・・脱穀・・・とご参加くださいますようご案内いたします。

1.種蒔き作業を以下の日程で実施しますのでお手伝いをお願いいたします。

 (1)日時:平成29年6月25日(日) 9:00~11:30
 (2)場所:岩切農園駐車スペース


   75穴のセルポット(トレー)に培養土をつめ大豆(みやぎしろめ)の種を蒔いていただきます。
s-IMGP4627.jpg
s-IMGP4629.jpg

 2.苗作りのお手伝いをお願いいたします
   蒔いていただいたセルトレーを、苗作りにご協力いただける方に持ち帰っていただき、約2~3週間、愛情一杯に育てていただきます。


 3.苗の定植のお手伝いをお願いいたします。

 (1)日時:平成29年7月16日(日) 9:00~12:00
 (2)場所:岩切第3農園

 そののち、岩切市民センターで「あがいんさろん」を開催して、その後の作業計画や、「手前味噌づくり」 参加有無や今年仕込んだ味噌のあじみ会などを予定したいと思います。

 会員の皆さま、お友達、ご近所の方、お誘いあわせ大歓迎です。ご参加をお待ちしております。

FC2Ad